人気ブログランキング |

salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その1

谷中エスノース・ギャラリーでのイランの絵本展、日曜日に無事終了しました。ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

今回は多作のイラストレーター、ラーシーン・ヘイリーエさんの絵本の特集ということで、あらすじが作ってある16冊について人気投票を実施しました。
サラーム・サラームの展示によく来てくださる方も、「たまたま入りました!」という方も、ほぼ先入観ゼロでラーシーンさんの絵本と向き合い、それぞれの方法でお気に入りの絵本を選んでくださって、とても嬉しかったです。またやりたくなるな、人気投票。

ではでは、結果を発表してまいりましょう!
もう一位は発表しているので、昇順でいきましょうか。

1位(14票):『マーフ・ティティ、コラーフ・ティティ』文:アフサーネ・シャアバーンネジャード

遊び歌が5編収録されている絵本です。最終日にぐーんと票が伸びました。ほんとのこと言うと、これが一位になるとは思いませんでした。でも改めて見ると、確かにラーシーンさんの絵の楽しさをたっぷり味わえる、まさに「ラーシーン本」だなぁと。
色は二色だけなのに(この水色がまたいい!)、何だか楽しい。とっても楽しいのです。

ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その1_e0091706_23545931.jpg

ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その1_e0091706_22405827.jpg

2位は2冊が同数でした。

2位(13票):『もしもわたしが市長になったら』文:ジハード・ダルヴィーシュ

ずっと一位できてたんですけれどもね…最後の最後で追い抜かれました。
「お腹をすかせたまま眠る人をなくすにはどうしたらいいのか」という問題に真正面からぶつかるブラジリアの少女ジョアナのお話。難しい問題を扱っているけれど、真摯なジョアナの姿勢がまっすぐ心を打つ一冊です。今回並べた絵本の中で、もっともさわやかな風が吹いていたかも。

ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その1_e0091706_22552812.jpg

2位(13票):『馬とリンゴと春』文:アフマドレザー・アフマディ

馬とリンゴの愛の物語です。馬はリンゴと一緒にいたくて、リンゴも馬から離れたくない……。どっちもしゃべったりしないんですが、痛いほどに伝わってくるのはやっぱりこの絵があるからか。馬好きな方に愛されました。ユメが選んだのもこの本。
ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その1_e0091706_23021127.jpg

4位も二冊です。

4位(11票):『若者と詐欺師の仕立て屋』文:シャラーレ・ヴァズィーフェシェナース

色は地味だし、主人公は詐欺師にまんまとしてやられるし、そのくせ結論はモヤッとしているしで、どうなるかなと思っていましたが、ルーミー原作のこのお話しから何かを感じ取った方々が票を入れてくださいました。
「ほんとうに大切にしているものならば、決して目を離したりしないのです」よ。

ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その1_e0091706_23564380.jpg

この絵本のアニメーションはこちらのラーシーンさんのHPで見られます。おもしろいですよー。


4位:『どんな色が言ってみて』文:アフサーネ・シャアバーンネジャード

1位の『マーフ・ティティ』の姉妹編と言いますか、こちらも遊び歌絵本です。表紙で遊んでいるかわいい謎キャラは、中でもちょいちょい出てきます。
クルクルしている手書き風文字に痺れた方多数。
ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その1_e0091706_23535602.jpg
というところで今日はここまで!16冊一気に書くつもりだったんですが、無理でした。3回に分けることにします。次回(多分明日の夜)をお楽しみに〜。

# by salamx2 | 2019-04-24 00:20 | ehon_1904 | Comments(0)

イランの絵本展 Rashin Kheirieh(ラーシーン・ヘイリーエ)特集始まっています!

晴れたり雨が降り続いたり、てんやわんやのここ数日ですが、9日(火)より、無事イランの絵本展〜ラーシーン・ヘイリーエ特集〜、始まっています。

イランの絵本展 Rashin Kheirieh(ラーシーン・ヘイリーエ)特集始まっています!_e0091706_10002908.jpeg
ギャラリーの左側の壁にラーシーンさんの絵本がぎっしり並びました。並べてみてわかりましたが、ラーシーンさんの絵本は色遣いが控えめ。元気で楽しい絵を描く人、というイメージなのですが、色は落ち着いているんです。そこがグッときますね。

今回は準備したラーシーンさんの絵本27冊のうち、日本語のあらすじがついた16冊について人気投票を行なっています。会場にいらした際にはぜひ気に入った本に☆シールをつけてくださいね。会期が終わったら、アイコウチョイス、ユメチョイス、エスノースチョイス、とともに結果を発表します。twitterで候補作品の紹介も始めていますので(全部は紹介できないかもしれませんが…)、#ラーシーン人気絵本投票 でチェックしてみてください。
ちなみに今のところ、人気が突出した本はありません。票はばらけています。全く結果を予想できない展開であります。

イランの絵本展 Rashin Kheirieh(ラーシーン・ヘイリーエ)特集始まっています!_e0091706_10000375.jpg
右側の壁にはラーシーンさん以外の方の絵本が並んでいます。今回はほんとにたくさん(史上最高かも)絵本を並べました。どうぞゆっくりお楽しみください。

イランの絵本展 Rashin Kheirieh(ラーシーン・ヘイリーエ)特集始まっています!_e0091706_10004039.jpg

ユメが一個一個作った缶バッジ、おすすめです。缶バッジは、簡単に作れそうで、どこを切り取るか、選ぶ場所にもろにセンスが出るんです!ユメの美的センスが現れている缶バッジ、どうぞお見逃しなく。数があるうちにじっくりお選びください。

イランの絵本展 Rashin Kheirieh(ラーシーン・ヘイリーエ)特集始まっています!_e0091706_10004610.jpg
昨年の「どうぶつの絵本展」で活躍してくれたひとたちもちょいちょい会場におります。

というわけで、21日(日)まで(15日休み)どうぞよろしくお願いします!
今日からはずっとお天気であってほしいなぁ。
お待ちしております。


# by salamx2 | 2019-04-11 10:31 | ehon_1904 | Comments(0)

イランの絵本展vol.5〜ラーシーン・ヘイリーエ特集〜

ハル・ルーゼトゥーン・ノウルーズ!
ノウルーゼトゥーン・ピールーズ!

というわけで、1398年が明けました。おめでとうございます!
とても暖かくなって、まさに春を呼んだノウルーズでしたね。

さて、1398年の幕開けとともに、展覧会のお知らせをいたします。

イランの絵本展vol.5〜ラーシーン・ヘイリーエ特集〜
日程:4月9日(火)〜21日(日)
11時〜19時 *4月15日(月)休み
the ETHNORTH GALLERY

谷中のエスノースギャラリーで5回目となるイランの絵本展は、人気イラストレーターRashin Kheirieh(ラーシーン・ヘイリーエ)さんの絵本を特集します。
多くの絵本を世に送り出し、国際絵本原画展の常連でもあるラーシーンさん。サラーム・サラームはこれまでも彼女の絵本をたくさん紹介してきましたが、今回初めて特集という形でまとめて展示・販売いたします。
現在アメリカに本拠を置き、彼の地で出版された絵本も多いラーシーンさんですが、今回は2004年頃から最近までにイランで出版されたペルシャ語の絵本をご紹介します。跳ねるよう楽しさのあるラーシーンさんの絵本をお楽しみください。

*原画の展示はありません。また、ラーシーンさんの絵本以外の絵本も並べます。
イランの絵本展vol.5〜ラーシーン・ヘイリーエ特集〜_e0091706_22353437.jpg
『もしもわたしが市長になったら…』(文:Jihad Darwiche, 絵:Rashin Kheiriyeh)

絵本『もしもわたしが市長になったら…』は、ブラジルの女の子ジョアナが「自分が市長選挙に立候補するなら、こんな街にしたい!」と自らの政策を述べるお話しなのですが、選挙がらみのこのお話しにちなみ、ラーシーンさんの絵本の人気投票をやってみようかなどと考えています(出してる絵本が多いのでやりがいがいあります)。ぜひふるってご参加くださいませ!
そして、上野の国際子ども図書館で開催される展示会「詩と伝説の国−イランの子どもの本」(3/5〜7/21)もよい散歩コースですので併せてどうぞ。

# by salamx2 | 2019-03-21 23:00 | ehon_1904 | Comments(0)

「詩と伝説の国イランの子どもの本」の展示が国際子ども図書館で始まりました!

昨日(3月5日)から始まった「詩と伝説の国 イランの子どもの本」の展示を見に、早速上野の国際子ども図書館に行ってきました(前期:3月5日〜5月19日、後期:5月21日〜7月21日。詳細はこちら)。

「詩と伝説の国イランの子どもの本」の展示が国際子ども図書館で始まりました!_e0091706_22244064.jpg
公園入り口付近の看板。国際子ども図書館は、東京国立博物館(トーハク)の向かって左側、というか、東京芸大に行く道の途中の黒田記念館のところを右に折れてちょっと行くと着きます。

「詩と伝説の国イランの子どもの本」の展示が国際子ども図書館で始まりました!_e0091706_22233903.jpg
このようなところ。建物がとても立派なんですよ。

「詩と伝説の国イランの子どもの本」の展示が国際子ども図書館で始まりました!_e0091706_22243953.jpg
そして3階に目指す展示室がございます。「本のミュージアム」。
中は撮影禁止です。

パネルの説明によると、国際子ども図書館には約1500のペルシャ語の児童書があり、今回は前・後期合わせて350タイトル並ぶということです。1500のうちの350ですから、選りすぐりってことになりますね。

展示は「詩と伝説の国イラン」「イランの児童書の現在」「画家、作家紹介」の3部構成になっています。
最初のコーナーでは昔話や『シャーナーメ(王書)』、『精神的マスナヴィー』関連の絵本が展示されているのですが、パネルでの説明がとっても丁寧。『シャーナーメ』の人物相関図までありました(気持ちわかります。誰が誰の息子かわからなくなるので)。
現代の詩人の作品もならんでいますので、イランの本が初めての方も、「詩がポイントなのね」とわかる構成だと思いました。

「画家・作家紹介」で取り上げられている画家は、国際的なコンクールなどでの入選歴を基準に選ばれたようです。サラーム・サラームにゆかりの深い人たちの絵本もありました(ということはつまり、サラーム・サラームの展示に来てくださっている方には既視感があるかも…)。例によって、一人の画家が作品によって違う顔を見せているので、行かれた際はそこのところも注目してみてください。

そのほか、児童書の出版事情や図書館事情などもパネルで説明があります。図書館の方がイランの図書館を訪問した際の写真もありました。
ちなみに、出版年を原書どおりのイラン太陽暦として西暦を並記する形にし、パネルで暦の説明がしてあるのも丁寧でいいな、と思いました。

本は展示ケースの中に入っているので、手にとって見られないのが残念ですが、展示中の170冊以外は図書室で見られるわけですから、展示を見てイランの本が気になったら、時間が許す限り図書室で手にとってみることをおススメします。

という感じでぎゅっと色々楽しめる展示です。後期も必ず行かなくちゃ!そして、天気のよい上野は楽しい!

「詩と伝説の国イランの子どもの本」の展示が国際子ども図書館で始まりました!_e0091706_22244027.jpg

# by salamx2 | 2019-03-06 00:21 | Comments(2)

イランの文様を愉しむ 終わりました

銀座煉瓦画廊での「イランの文様を愉しむ」、先週の日曜日に無事終了しました。遅いご報告ですが……
絨毯と靴下と絵本という組み合わせで思いがけず濃い6日間になりました。

イランの文様を愉しむ 終わりました_e0091706_23452553.jpg
文様といえばやはりtribeさんの絨毯が話題の中心。真ん中の赤い絨毯は100年くらい経っているのだそう。いろんな文様が織り込まれていてずっと見ていても飽きませんでした。そして手織りの絨毯というのは左右対称じゃないのがいい!それなのに全体として均整のとれた美しさがあるのが素敵で。織り手の気分まで伝わってくる絨毯でした。

イランの文様を愉しむ 終わりました_e0091706_23454030.jpg
そしてOKKOYOKKOさんの靴下。長いタイプ、短いタイプ、羊の原毛のもの、アクリルのもの。色々な靴下を、みなさん、OKKOYOKKOさんとお話ししながら、楽しそうに選んでいました。これだけあると選ぶのたのしいですよね!
それに文様については、OKKOYOKKOさんが完璧に説明してくれるのです。わたしが印象深かったのは、足裏の「羊の腸」文様。まさかの羊の腸。身近に何があるかで、一本の線も違うものに見えるってことですねぇ。いやぁ、おもしろい。
靴下の模様に意味があるとわかるだけで、作り手の心がもっと伝わってくる気がします。大切に使いたくなる靴下だと思いました。
イランの文様を愉しむ 終わりました_e0091706_23455062.jpg
そしてサラーム・サラームコーナーはこのようになりました。モルテザーの馬の絵も三枚ほど。柄とか模様をうまく取り入れている絵本を選んだ次第です。内容は様々。昔話もあれば、ルーミーやシャーナーメもありで、20タイトルでも、イランの絵本のバリエーションの豊かさを感じていただけたのではないかと思います。
イランの文様を愉しむ 終わりました_e0091706_00133830.jpg
この缶バッジは今回のために、ユメが作ってくれました。イランから持ち帰った色々な紙から選んで作っているので、実は一点ものです。

イランの文様を愉しむ 終わりました_e0091706_23455839.jpg
窓の方にはこのような写真がコーナーが作られました。三者が10枚ずつ出したのですが、ほんとに三者三様で面白かったです。お客様にも好評でした。このようなよいアイディアを思いつくのは大抵OKKOYOKKOさんです。

イランの文様を愉しむ 終わりました_e0091706_23461025.jpg
今回はギャラリートークもがんばりました。tribeさんは大変慣れていらっしゃるので問題なく、OKKOYOKKOさんも、緊張する!とおっしゃっている割にはいつもとっても落ち着いていて、わかりやすくお話しなさっていました。その隣でわたしはいつも「見習わねばな…」と思っていた次第です。

そして、写真を撮り損ねてしまったのですが、26日の映画上映会も興味深い時間となりました。90年前の遊牧民の移動の様子をとらえた映画で、その中で人々は、多くの家畜とともに川を渡ったり(すごく深くて広い川を渡るんです)、4000メートルの雪山を裸足で越えたりするのです。いろんな意味で圧倒されっぱなしで、人はこんなふうに生きることができるんだな、とドキドキしながら思いました。

イランの文様を愉しむ 終わりました_e0091706_23461896.jpg

そんなこんなの6日間。たくさんのお客さまとお話しすることができ、また、tribeさんとOKKOYOKKOさんの興味深い話しもたくさん聞くことができて、もう一回言いますが、「濃い」6日間でした。ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。
また会う日まで!

# by salamx2 | 2019-02-03 01:05 | monyo1901 | Comments(0)