人気ブログランキング |

salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その2

ラーシーン絵本人気投票結果。今日は6位から。

6位(10票):『鳥と少年と列車』文:アフマドレザー・アフマディ

一緒に列車に乗っていた鳥が窓から飛んでいってしまい、その鳥をいろんな場所に探しに行く少年の物語。ラーシーンさんの絵としてはめずらしく赤が印象的で、所々ほんものの羽も使っています。これも文字が凝っていまして、文字の中で丸く表現される場所が列車の車輪になってるんです。って意味わかるでしょうか。そのことを発見したお客さまが「ほら見て!文字が車輪になってるんだよ!」と同行の方に言っている場面をわたしは少なくとも二回見ました。素敵な絵本です。
e0091706_22225132.jpg

7位は2冊です。

7位(9票):『はばたきの秘密』文:マルジャーン・ケシャーヴァルズィ=アーザード

おばあちゃんが心の中で飼い続け、ついに飛ばすことのできなかった鳥のお話……叶わなかった恋のお話です。
今回並べた絵本の中で、もっとも異色なストーリーと絵でした。元気で明るい雰囲気は影を潜め、全体に塗られた少しくすんだような緑色の画面から、じわりじわりと悲しみが感じられる一冊です。

e0091706_22414113.jpg

7位(9票):『椅子の上の月』文:アッバース・タルボン

詩集です。「なぜこの絵を表紙に?」とみなが思ったこの絵本。中身は絵も詩もとても叙情的です。このファンキーなおじさんにだまされてはいけません。静かにじっくり言葉と絵を味わう絵本です。「いつもより詩的に」……。

e0091706_23211823.jpg

9位も2冊。

9位(7票):『ずっと上にずっと下に』文:シャラーレ・ヴァズィーフェシェナース

一人暮らしのおばあさんが、毎晩小さな星に語りかけていたら、その星が女の子になって現れ、いいことがたくさん起こるのだけど、知ってはいけない秘密を知ってしまったとたん、空に帰ってしまう…というお話。
この本も、ページをめくると、クールな表紙からは想像できない、たまらなくかわいい世界が広がっています。
ちなみに、おばあちゃんの手編みの靴下が重要アイテムなんですよ。手編み靴下といえば、OKKOYOKKOさん……。
エスノースギャラリーの杉本さんはこちらの本を選びました。
e0091706_23442709.jpg

9位(7票):『ラフィーグとナーラフィーグ』文:モハンマドアリー・ジャアファリー

一緒に旅をしていた二人組。一人はもう一方にに裏切られて食べ物がなくなってしまうけれども、色々な幸運が重なって王さまになり、逆に裏切った方は身をやつして物乞いとなる。物乞いは、自分がかつて裏切った相手から王になった経緯を聞き、「自分も」と思うけれども、そうは問屋が卸さなくて結局動物たちに食べられてしまう、というお話。
裏切る方と裏切られる方。全然違う運命をたどる二人だけれども、その二人が背中合わせになっている表紙は意味深な、ような。

e0091706_00122104.jpg
本日はここまで!☆をつけた絵本、出てきましたか?また明日〜。


# by salamx2 | 2019-04-25 00:57 | ehon_1904 | Comments(0)

ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その1

谷中エスノース・ギャラリーでのイランの絵本展、日曜日に無事終了しました。ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

今回は多作のイラストレーター、ラーシーン・ヘイリーエさんの絵本の特集ということで、あらすじが作ってある16冊について人気投票を実施しました。
サラーム・サラームの展示によく来てくださる方も、「たまたま入りました!」という方も、ほぼ先入観ゼロでラーシーンさんの絵本と向き合い、それぞれの方法でお気に入りの絵本を選んでくださって、とても嬉しかったです。またやりたくなるな、人気投票。

ではでは、結果を発表してまいりましょう!
もう一位は発表しているので、昇順でいきましょうか。

1位(14票):『マーフ・ティティ、コラーフ・ティティ』文:アフサーネ・シャアバーンネジャード

遊び歌が5編収録されている絵本です。最終日にぐーんと票が伸びました。ほんとのこと言うと、これが一位になるとは思いませんでした。でも改めて見ると、確かにラーシーンさんの絵の楽しさをたっぷり味わえる、まさに「ラーシーン本」だなぁと。
色は二色だけなのに(この水色がまたいい!)、何だか楽しい。とっても楽しいのです。

e0091706_23545931.jpg

e0091706_22405827.jpg

2位は2冊が同数でした。

2位(13票):『もしもわたしが市長になったら』文:ジハード・ダルヴィーシュ

ずっと一位できてたんですけれどもね…最後の最後で追い抜かれました。
「お腹をすかせたまま眠る人をなくすにはどうしたらいいのか」という問題に真正面からぶつかるブラジリアの少女ジョアナのお話。難しい問題を扱っているけれど、真摯なジョアナの姿勢がまっすぐ心を打つ一冊です。今回並べた絵本の中で、もっともさわやかな風が吹いていたかも。

e0091706_22552812.jpg

2位(13票):『馬とリンゴと春』文:アフマドレザー・アフマディ

馬とリンゴの愛の物語です。馬はリンゴと一緒にいたくて、リンゴも馬から離れたくない……。どっちもしゃべったりしないんですが、痛いほどに伝わってくるのはやっぱりこの絵があるからか。馬好きな方に愛されました。ユメが選んだのもこの本。
e0091706_23021127.jpg

4位も二冊です。

4位(11票):『若者と詐欺師の仕立て屋』文:シャラーレ・ヴァズィーフェシェナース

色は地味だし、主人公は詐欺師にまんまとしてやられるし、そのくせ結論はモヤッとしているしで、どうなるかなと思っていましたが、ルーミー原作のこのお話しから何かを感じ取った方々が票を入れてくださいました。
「ほんとうに大切にしているものならば、決して目を離したりしないのです」よ。

e0091706_23564380.jpg

この絵本のアニメーションはこちらのラーシーンさんのHPで見られます。おもしろいですよー。


4位:『どんな色が言ってみて』文:アフサーネ・シャアバーンネジャード

1位の『マーフ・ティティ』の姉妹編と言いますか、こちらも遊び歌絵本です。表紙で遊んでいるかわいい謎キャラは、中でもちょいちょい出てきます。
クルクルしている手書き風文字に痺れた方多数。
e0091706_23535602.jpg
というところで今日はここまで!16冊一気に書くつもりだったんですが、無理でした。3回に分けることにします。次回(多分明日の夜)をお楽しみに〜。

# by salamx2 | 2019-04-24 00:20 | ehon_1904 | Comments(0)

イランの絵本展 Rashin Kheirieh(ラーシーン・ヘイリーエ)特集始まっています!

晴れたり雨が降り続いたり、てんやわんやのここ数日ですが、9日(火)より、無事イランの絵本展〜ラーシーン・ヘイリーエ特集〜、始まっています。

e0091706_10002908.jpeg
ギャラリーの左側の壁にラーシーンさんの絵本がぎっしり並びました。並べてみてわかりましたが、ラーシーンさんの絵本は色遣いが控えめ。元気で楽しい絵を描く人、というイメージなのですが、色は落ち着いているんです。そこがグッときますね。

今回は準備したラーシーンさんの絵本27冊のうち、日本語のあらすじがついた16冊について人気投票を行なっています。会場にいらした際にはぜひ気に入った本に☆シールをつけてくださいね。会期が終わったら、アイコウチョイス、ユメチョイス、エスノースチョイス、とともに結果を発表します。twitterで候補作品の紹介も始めていますので(全部は紹介できないかもしれませんが…)、#ラーシーン人気絵本投票 でチェックしてみてください。
ちなみに今のところ、人気が突出した本はありません。票はばらけています。全く結果を予想できない展開であります。

e0091706_10000375.jpg
右側の壁にはラーシーンさん以外の方の絵本が並んでいます。今回はほんとにたくさん(史上最高かも)絵本を並べました。どうぞゆっくりお楽しみください。

e0091706_10004039.jpg

ユメが一個一個作った缶バッジ、おすすめです。缶バッジは、簡単に作れそうで、どこを切り取るか、選ぶ場所にもろにセンスが出るんです!ユメの美的センスが現れている缶バッジ、どうぞお見逃しなく。数があるうちにじっくりお選びください。

e0091706_10004610.jpg
昨年の「どうぶつの絵本展」で活躍してくれたひとたちもちょいちょい会場におります。

というわけで、21日(日)まで(15日休み)どうぞよろしくお願いします!
今日からはずっとお天気であってほしいなぁ。
お待ちしております。


# by salamx2 | 2019-04-11 10:31 | ehon_1904 | Comments(0)

イランの絵本展vol.5〜ラーシーン・ヘイリーエ特集〜

ハル・ルーゼトゥーン・ノウルーズ!
ノウルーゼトゥーン・ピールーズ!

というわけで、1398年が明けました。おめでとうございます!
とても暖かくなって、まさに春を呼んだノウルーズでしたね。

さて、1398年の幕開けとともに、展覧会のお知らせをいたします。

イランの絵本展vol.5〜ラーシーン・ヘイリーエ特集〜
日程:4月9日(火)〜21日(日)
11時〜19時 *4月15日(月)休み
the ETHNORTH GALLERY

谷中のエスノースギャラリーで5回目となるイランの絵本展は、人気イラストレーターRashin Kheirieh(ラーシーン・ヘイリーエ)さんの絵本を特集します。
多くの絵本を世に送り出し、国際絵本原画展の常連でもあるラーシーンさん。サラーム・サラームはこれまでも彼女の絵本をたくさん紹介してきましたが、今回初めて特集という形でまとめて展示・販売いたします。
現在アメリカに本拠を置き、彼の地で出版された絵本も多いラーシーンさんですが、今回は2004年頃から最近までにイランで出版されたペルシャ語の絵本をご紹介します。跳ねるよう楽しさのあるラーシーンさんの絵本をお楽しみください。

*原画の展示はありません。また、ラーシーンさんの絵本以外の絵本も並べます。
e0091706_22353437.jpg
『もしもわたしが市長になったら…』(文:Jihad Darwiche, 絵:Rashin Kheiriyeh)

絵本『もしもわたしが市長になったら…』は、ブラジルの女の子ジョアナが「自分が市長選挙に立候補するなら、こんな街にしたい!」と自らの政策を述べるお話しなのですが、選挙がらみのこのお話しにちなみ、ラーシーンさんの絵本の人気投票をやってみようかなどと考えています(出してる絵本が多いのでやりがいがいあります)。ぜひふるってご参加くださいませ!
そして、上野の国際子ども図書館で開催される展示会「詩と伝説の国−イランの子どもの本」(3/5〜7/21)もよい散歩コースですので併せてどうぞ。

# by salamx2 | 2019-03-21 23:00 | ehon_1904 | Comments(0)

「詩と伝説の国イランの子どもの本」の展示が国際子ども図書館で始まりました!

昨日(3月5日)から始まった「詩と伝説の国 イランの子どもの本」の展示を見に、早速上野の国際子ども図書館に行ってきました(前期:3月5日〜5月19日、後期:5月21日〜7月21日。詳細はこちら)。

e0091706_22244064.jpg
公園入り口付近の看板。国際子ども図書館は、東京国立博物館(トーハク)の向かって左側、というか、東京芸大に行く道の途中の黒田記念館のところを右に折れてちょっと行くと着きます。

e0091706_22233903.jpg
このようなところ。建物がとても立派なんですよ。

e0091706_22243953.jpg
そして3階に目指す展示室がございます。「本のミュージアム」。
中は撮影禁止です。

パネルの説明によると、国際子ども図書館には約1500のペルシャ語の児童書があり、今回は前・後期合わせて350タイトル並ぶということです。1500のうちの350ですから、選りすぐりってことになりますね。

展示は「詩と伝説の国イラン」「イランの児童書の現在」「画家、作家紹介」の3部構成になっています。
最初のコーナーでは昔話や『シャーナーメ(王書)』、『精神的マスナヴィー』関連の絵本が展示されているのですが、パネルでの説明がとっても丁寧。『シャーナーメ』の人物相関図までありました(気持ちわかります。誰が誰の息子かわからなくなるので)。
現代の詩人の作品もならんでいますので、イランの本が初めての方も、「詩がポイントなのね」とわかる構成だと思いました。

「画家・作家紹介」で取り上げられている画家は、国際的なコンクールなどでの入選歴を基準に選ばれたようです。サラーム・サラームにゆかりの深い人たちの絵本もありました(ということはつまり、サラーム・サラームの展示に来てくださっている方には既視感があるかも…)。例によって、一人の画家が作品によって違う顔を見せているので、行かれた際はそこのところも注目してみてください。

そのほか、児童書の出版事情や図書館事情などもパネルで説明があります。図書館の方がイランの図書館を訪問した際の写真もありました。
ちなみに、出版年を原書どおりのイラン太陽暦として西暦を並記する形にし、パネルで暦の説明がしてあるのも丁寧でいいな、と思いました。

本は展示ケースの中に入っているので、手にとって見られないのが残念ですが、展示中の170冊以外は図書室で見られるわけですから、展示を見てイランの本が気になったら、時間が許す限り図書室で手にとってみることをおススメします。

という感じでぎゅっと色々楽しめる展示です。後期も必ず行かなくちゃ!そして、天気のよい上野は楽しい!

e0091706_22244027.jpg

# by salamx2 | 2019-03-06 00:21 | Comments(2)