salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

イランの絵本展vol.5「物語絵本の世界」

今年もボローニャ国際絵本原画展の季節がやってきました!

関連企画として開催するPatinaさんでのイランの原画展もはや5回目。今年は「物語絵本」を特集します。

7月22日(日)〜29日(日)*25日(水)休み

11:30-19:00

Café & Gallery Patina

〒175-0094 東京都板橋区成増3-20-16

03-6909-9524

イランは古くから詩を大切にしてきた「詩の国」ですが、もちろん、物語の絵本もたくさんあります。くすっと笑える民話から、重厚な人間ドラマまで、「詩の国」で生まれた豊かな物語の世界をたっぷりお楽しみください。

Marjan Vafaeian による「イランとトゥーラーンの戦い〜『シャー・ナーメ(王書)』より〜」の絵もお見逃しなく!

そして、初日はユメ先生のワークショップであります。

<ワークショップ>

ペルシャ更紗の木型を使ってオリジナルの手ぬぐいを作ろう!

7月22日(日)①13時〜満席 ②15時〜満席 ③17時〜 各回6名

参加費: 1200円

info@salamx2.comまでご予約ください。

大変素敵な木型が手元にやってきまして、せっかくだからみんなで楽しもう、ということになりました。夏らしくてぬぐいです。

どしどし、ご応募ください!

e0091706_00210493.jpg
Marjan Vafaeian 「イランとトゥーラーンの戦い〜『シャー・ナーメ(王書)』より〜」

<Patinaさんへの行き方>
1、東武東上線成増駅の改札を出て左側に出ます。
2、目の前に成増アクトホールが見えますが、左側の階段を降りてください。
3、階段を降りると目の前にマクドナルドや成増図書館が入っているビルが見えます。タクシー乗り場を過ぎて右側の階段を降り、ファミリーマートの方に渡ってビルの右側をまっすぐ進んでください。
4、ビルが終わって道に突き当たったら横断歩道を渡り、そのまままっすぐ階段を降りてください(←この道がGoogleではでないみたいです)。
5、そのままずっとその道を行って階段をのぼり、目の前の細い道をわたって階段を降りたら右手にPatinaがあります。
全体で5分くらいです。地下鉄成増から東上線の成増駅もすぐ近くですので、ご利用いただけます。


[PR]
# by salamx2 | 2018-07-06 00:26 | ehon_1807 | Comments(0)

いな暮らしさんでの「中東で見つけた宝もの-パレスチナ刺繍ワークショップ/絵本・クラフト・おいしいものマーケット」に参加しました


6月最後の日は稲城のいな暮らしさんでのイベント中東で見つけた宝もの-パレスチナ刺繍ワークショップ/絵本・クラフト・おいしいものマーケット」に参加しました。

e0091706_22150922.jpg
いな暮らしさんは4年前に展示させていただいた場所から引っ越しをして、今は多摩川にほど近い古民家で営業しています。写真の奥が多摩川の河川敷。とてもすてきな場所です。

e0091706_22084055.jpg
玄関で靴を脱いで中に入ると右側にカウンター、その奥に厨房があります。そしてこの魅惑的なかき氷器!もちろん現役ですよ。透明な氷の塊から白いかき氷がどんどん生まれていく様子にみなが釘付けに。
いろんな味があるのですが、わたしは梅シロップでいただきました。かき氷って最高だな、と思いました。

e0091706_22075270.jpg
イランの絵本はかき氷器の向かい側にこのように並びました。マルジャーン作の人形(ひとがたではないですが)はどこへでも連れて行きます。そろそろ本気で名前をつけようかと思ってます。

e0091706_22534813.jpg
イランの絵本の向かいがAtelier Majorcaさんのスペース。世界各地の小物や雑貨、オリジナルのアクセサリーがたくさん並びました。

e0091706_23011729.jpg
ランチは、イベントに合わせて、パレスチナで作られたハーブミックス(ザアタル)をふんだんに使ったスペシャルメニュー。いやあ、おいしかった!

e0091706_22531261.jpg
そのザアタルはパレスチナ刺繍ワークショップを主催したZahara さんが販売しているもの(写真が…すみません。みぎはじの蓋が半分見えてるのがザアタル)。Zaharaさんはオリーブオイルなどもフェアトレードで販売しています。

e0091706_22080334.jpg
奥から厨房の方を見るとこんな感じ。お客さんがみんなリラックスしてたのが印象的でした。家族連れも多くて、かき氷を食べながら絵本を読んであげたり、おもちゃで遊んだり…。

e0091706_22081136.jpg
お母さんと一緒に来て、この縁側の机で算数の宿題をやっていた女の子も。

1日いな暮らしさんで過ごして思ったのは、「近い」と「遠い」が同居している、ということ。稲城という場所とともに歩むまさに地域の「場」であるとともに、店主の鈴木萌さんのつながりで、「遠くからのモノや人」が自然に集まってくる場所でもある。それがゆったりと同居して、さらにはその区別も無意味になる感じに感慨をおぼえました。

この場所がこれからどんなふうになっていくのか、楽しみです。
ありがとうございました!

[PR]
# by salamx2 | 2018-07-02 00:00 | Comments(0)

中東で見つけた宝もの-パレスチナ刺繍ワークショップ/絵本・クラフト・おいしいものマーケット

4年前に絵本の展示やお話会でお世話になったいな暮らしさんでのイベントに参加します!

ーーーーーーーーーー
「中東で見つけた宝もの-パレスチナ刺繍ワークショップ/絵本・クラフト・おいしいものマーケット」

日時:6月30日(土)11:00〜17:00
(*刺繍ワークショップは14:00〜)
会場: いな暮らし
(JR南武線 矢野口駅より徒歩7分の古民家カフェ)

▽▼パレスチナ刺繍ワークショップ▼▽
日時:6月30日(土)14:00〜
加費:2500円+1オーダー
参加方法:イベントページにコメント、または
inagurashi⭐︎gmail.com(⭐︎を@に)までご連絡を。

縫うもの×糸の色×刺繍の模様(パレスチナ柄)を選び、オリジナルクラフトを作ります。縫うものはくるみボタン(2種)、またはコースターからお選びいただけます。
*縫うもの、糸、針はこちらで用意します。(マイ刺繍セットの持ち込みもOK!)

▽▼絵本・クラフト・おいしいものマーケット▼▽
中東で見つけた宝もの。パレスチナのオリーブオイルにハーブミックス、イランからは素敵な絵本、ハンドメイドのクラフトなど。宝箱を開けたような、わくわくする世界。
ーーーーーーーー

どの絵本を持っていこうかな。どんな1日になるのか…楽しみです。
おいしいものもきっとたくさんありますよ。ぜひ遊びにいらしてください。

出店者の情報など詳細はこちらのFBページにありますので、ぜひご覧ください。
[PR]
# by salamx2 | 2018-06-06 18:52 | Comments(0)

Fête du Tea×Pot / お茶とポットとそのためのしつらえ

そして今週末はイベントに参加します!

Fête du Tea×Pot / お茶とポットとそのためのしつらえ
e0091706_1848318.jpg

日時: 4/13(金)〜4/15(日) 3DAYS
4/13(金) 13:00〜18:00
4/14(土) 11:00〜18:00
4/15(日) 11:00〜17:00
*サラーム・サラームは14日と15日のみ
会場:おかっぱちゃんハウス
練馬区上石神井3-30-8
(西武新宿線上石神井駅より徒歩6分)

出展者やイベントの詳細については、こちらのFBページをごらんください。

今回はお茶に関するイベントということで、飲んだり食べたりしている場面が描かれている絵本を中心に展示・販売する予定です。新しい絵本も準備しております!

先週までの展覧会の時にもこの↑かわいらしいチラシを配っていたのですが、おかっぱちゃんハウスをご存知の方が何人もいらして、びっくり。有名なんだなぁ。
今回はteiBeさんの絨毯が敷き詰められるということで、きっと気持ちのいいくつろげる空間になるのではと思います。お茶にまつわるイベントが楽しくないわけがない。
ともに楽しみましょう!お待ちしています。
[PR]
# by salamx2 | 2018-04-11 18:54 | Comments(0)

「いきものたちが主役♪イランの絵本展」終了しました&クイズの答え

4回目となった谷中エスノース・ギャラリーさんでのイランの絵本展、無事終了しました。
お越しいただいたみなさま、誠にありがとうございました。

「イランの絵本展」という言葉に反応して二階まで上がってきてくださる方は、イランとか中東とかイスラム、あるいは絵本やデザインについて何かしらの経験とか記憶を持つ方が多く、そのお話を伺うのが興味深かったです。
今回の絵本展が、来てくださった方々のそれぞれの記憶に、少しでも彩りを添えることができていたら、と願います。

さて、今回は、何度も言いましたが「いきものたち」が主人公でした。人間がほとんど出てこない物語に囲まれて、私自身もマイノリティな気分で会場にいた次第。
そして、クイズを一問出題していました。
「会場にいきものが主人公でない絵本が一冊あります。その主人公の名前を答えてください」
というもの。
その絵本はこれでした。
e0091706_19561765.png

『時計たちのうた』
時計の長針が主人公の絵本です。表紙を見て、てっきりふくろうが出てくる話だと思っていたのですが(タイトルが『時計たちのうた』であろうと)、ふくろうの「ふ」も鳥の「と」も出てきません。
どんな話かというと、夢の中で風に短針を飛ばされ、ひとりぼっちになってしまう恐怖を味わった長針が、それまで短針の存在をほとんど無視していたことを後悔し、短針とちゃんと仲良くやっていこうと改心する、というもの。
おもしろいストーリーが多いイランの絵本ですが、長針が短針との友情に目覚める話とは…
絵もおもしろいんですよ!パッと見ただけでは絶対に時計の話とは思えません。でもお話と一緒に読むと、とてもよくわかる。すごい絵だな、と思います。

というわけで、答えは「チョーシン」でした!

ではでは。今回の絵本展はこれにておしまい。また会う日まで〜。
[PR]
# by salamx2 | 2018-04-10 21:50 | Comments(0)