人気ブログランキング |

salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

竹原新先生による「イラン民俗のなかの動物たち」

アミーン・ハサンザーデ=シャリーフ展の関連企画、大阪大学の竹原新先生による「イラン民俗のなかの動物たち」が15日夜に開催されました。ご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました!

だいぶ時が過ぎてしまいましたが、イベントの様子をご報告したいと思います。

竹原新先生による「イラン民俗のなかの動物たち」_e0091706_19170637.jpg
竹箆先生はイラン民俗学がご専門。フィールドワークでイランの民話を収集し、『イランの口承文芸』というぶあつい著書も出されています。今回はライオンをはじめとする様々な動物が、物語や言い伝えの中でどうのように現れるか、というお話をしてくださいました。

竹原新先生による「イラン民俗のなかの動物たち」_e0091706_19233932.jpg

画像や映像はもちろん、詳細なレジュメも用意してくださり、さらにはネクタイまでライオン柄という、まさに万全の態勢でイベントに臨んでくださった竹原先生。トークは『ごきぶりねえさんどこいくの?』のごきぶり(黄金虫)に始まり、羊、龍、猫、ライオン、犬、牛、鶏、カラス、フクロウと多岐にわたりました。29もの事例をご紹介くださったのですが、その中には振り向く猫にまつわる怪談(といってもペルシャ語ではカテゴリーとしての「怪談」というのはないそうです)や、濡れたたてがみが臭いと言われたために「俺を斧で殴れ」と人間に迫るめんどくさいライオンの話や、卵を使った邪視の犯人探しやら、ほんとに色々な種類のお話がありました。事例から派生する小ネタもてんこ盛りで、今でもふとした拍子に思い出して吹いたりしています。

竹原新先生による「イラン民俗のなかの動物たち」_e0091706_20001378.jpg
そして、ライオンの話じゃこれに触れないわけにいかないでしょう、ということで、サファヴィー朝以来の国旗や以前の赤十字の旗についての解説。 確かに今回DMで使った絵を見ると、イランの方ならほぼ100%、ライオンと太陽を中央に配した革命前の国旗を思い出すでしょう。

竹原新先生による「イラン民俗のなかの動物たち」_e0091706_21593472.jpg
(ライオンとその5人の姉妹)by Amin Hassanzadeh Sharif

「えぇ!これってそんなセンシティブ絵なの?」と言いたくなるところですが、そこまでセンシティブではないようです、というのが竹原先生のお話。イラン国内で、「赤新月社(イランの赤十字)の旗をこれに戻そうという意見もあるほど」だそう。まあ、ライオンには罪はないですからね。
それにアミーンのライオンはなにかちがう…。剣を振りかざしてドヤ顔をしているわりには強そうな感じがせず、背中の五人姉妹(太陽ではないらしい)はぎゅうぎゅうに並んでいます。剣を持っていない三本の足は、鉄アレイを縦にしてフサをつけたような妙なのに乗ってますし…。じっと見ていると、「ワタシ、国旗などになってがんばってきましたが、こんな感じもできますから。楽しい感じもできますから」という声が聞こえてきそうな不思議な滑稽さを感じます。個人的感想ですが。

と、いう感じでいわゆる「お話」だけでなく、国旗や教科書、邪視よけにも言及しながら様々な動物のお話をしてくださって90分はあっという間に過ぎました。

「イラン民俗の動物はよく異界と関係する」
「物語における動物の機能はフィクション性である」

というのが先生のまとめです。確かに、うかがったさまざまな事例の中の動物たちは、人間が”知らない”、けど、”あるかもしれない”世界を垣間見せてくれる存在でした。動物たちのおかげで人間はもっと大きな世界を見ることができる。そして自分の小ささを知ることができる。ありがたいですね。
そんなありがたいお話を、竹原先生、ありがとうございました!ぜひまた何かの機会にお話いただきたいです。

ちなみにこのテーマはアミーンのシルクスクリーンが展示されているみんぱくの「驚異と怪異」展にもつながると思いました。この展覧会もほんとにおすすめです。11月26日までですので、ぜひおでかけください。

ではでは最後に、先生が教えてくださった昔話の結語で。

「はなしはこれでおしまいだ。カラスは家に帰らなかった。」


# by salamx2 | 2019-10-20 23:51 | amin_1910 | Comments(0)

シルクロードバザール5!今年も上野の宋雲院 日程変更!13日14日開催です。

今年もシルクロードバザールがやってくる!
昨年に引き続き、上野の宋雲院で開催されます。もう来週末です!

日時:10月12日(土)台風のため中止です・13日(日)・14日(月)
   12日(土) 11:00〜18:00
   13日(日) 11:00〜18:00
   14日(日) 11:00〜18:00
場所:宋雲院(上野)
   JR上野駅浅草口より徒歩5分
   東京メトロ銀座線稲荷町駅より徒歩3分

🐪入場無料🐫

✴︎✴︎✴︎ ダンスショー ✴︎✴︎✴︎
12日が中止になりましたので、ダンスはすべて13日に行われます。詳細はイベントベージをご確認ください。
10月12日(土):15:00〜
出演:Lotus Kelebek
10月13日(日):15:00〜
出演:Guliston

◉lotus Kelebek
トルコ全土の様々な舞踊とお隣アゼルバイジャン、イランの踊りを合わせて12曲メドレー
カラフルな民族衣装と様々なステップをお楽しみください!
 
◉ Guliston
中央アジア・シルクロードの舞
ウズベク・タジク・ウイグル・アゼリ民族舞踊に加えて
シルクロードバザール初!キルギスとパミールの踊りも。

※両日とも投げ銭制です。
ショーのあとはお気持ちをお願いいたします。

✴︎✴︎✴︎ ペルシア書道 ✴︎✴︎✴︎
10月13日(日)午後のみ
角田ひさ子先生
作品展示
お名前・簡単な言葉など書いていただけます!

そのほか出店者の詳細についてはFacebookページをご覧ください。

サラーム・サラームは絵本や2020年カレンダーのほか、5月にイランでこまこまと仕入れた雑貨などを販売する予定です。
ダンスあり、食べ物あり、お酒もあり、いろんなお店がいろんなものを販売するわいわい楽しいイベントです。どうぞ遊びにいらしてください!台風がそれることを祈る。

シルクロードバザール5!今年も上野の宋雲院 日程変更!13日14日開催です。_e0091706_22291892.jpg

シルクロードバザール5!今年も上野の宋雲院 日程変更!13日14日開催です。_e0091706_22290254.jpg



# by salamx2 | 2019-10-06 22:34 | Comments(0)

アミーンの新作展「My Iranian Lions」大阪のCalo bookshop & cafeで開催中!(10/19まで)

アミーン・ハサンザーデ=シャリーフの新作展「My Iranian Lions」が大阪Calo bookshop & Cafeにて始まっています。
二年前にシルクスクリーン作品を展示させていただいた、カロさん。相変わらずの気持ちのよいスペースに、手描きのこてこてライオンズをたくさん飾りました。

アミーンの新作展「My Iranian Lions」大阪のCalo bookshop & cafeで開催中!(10/19まで)_e0091706_08423677.jpg

アミーンの新作展「My Iranian Lions」大阪のCalo bookshop & cafeで開催中!(10/19まで)_e0091706_08423804.jpg
カロさんは奥の壁にも飾ることができ、展示が立体的になるのが素敵だなぁ、といつも思います。
こてこて度が特に高い3枚が奥の壁に。

アミーンの新作展「My Iranian Lions」大阪のCalo bookshop & cafeで開催中!(10/19まで)_e0091706_09044488.jpg

入り口近くに今回DMで使った絵「ライオンとその5人の姉妹」がかけてあります。

アミーンの新作展「My Iranian Lions」大阪のCalo bookshop & cafeで開催中!(10/19まで)_e0091706_08423746.jpg
2年前のシルクスクリーン作品もファイルでご覧いただけます。このシリーズの一部は国立民族学博物館で開催中の「驚異と怪異」展(11/26まで)で展示中。図録もご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

アミーンの新作展「My Iranian Lions」大阪のCalo bookshop & cafeで開催中!(10/19まで)_e0091706_08423861.jpg
そして壁の裏側にはアミーン以外の作家の絵本(動物にちなんだもの。『ゾウ探偵カツラを追う』など)と、雑貨いろいろがところ狭しとおいてありますので、こちらもお忘れなく。

会場ではどうぞゆっくりとアミーンワールドをお楽しみください。シルクの線と全く違うのもお分かりいただけると思います。
時間に余裕を持っていらっしゃることをオススメします。カフェでおいしいカレーなどもいただけますよ!

そしてそして。15日に大阪大学の竹原新先生にご登壇いただくイベント「イラン民俗のなかの動物たち」はもう少しお席ございます。学外ではめったに聞くことのできないお話が聞ける貴重なチャンスです。どうぞお見逃しなく!

*トークイベント*
「イラン民俗のなかの動物たち」
10月15日(火)19:30〜21:00
定員:20名
会費:1500円(1ドリンク付き)
イラン民俗学がご専門の竹原新さん(大阪大学准教授)をお迎えし、イランの昔話、伝説、俗信などに現れる、ライオンをはじめとする動物たちについてお話しいただきます。
*要予約 お申し込みはメールでinfo@calobookshop.comまで、イベント名とご予約の方全員のお名前と代表の方のお電話番号を添えてお申込みください。


# by salamx2 | 2019-10-05 09:35 | amin_1910 | Comments(0)

アミーン・ハサンザーデ=シャリーフ展「My Iranian Lions」大阪(Calo Bookshop & Cafe) 東京(SEE MORE GLASS)

二年前、天と地の間の愉快な存在をたくさん見せてくれたアミーンの、「ライオンだけの展覧会」が大阪と東京で開かれます!

アミーン・ハサンザーデ=シャリーフ展
My Iranian Lions

国立民族学博物館で開催中の特別展「驚異と怪異〜想像界の生きものたち」(11/26まで)で作品が展示されいてるアミーン・ハサンザーデ=シャリーフの新作展です。
今回はとにかくライオン。ライオンのみ!アミーンの頭の中のライオンワールド、たっぷりお楽しみください。

<大阪展>
10月2日(水)〜19日(土)*日・月休み 10/14(月/祝)は18時まで営業
12:00-19:00(土曜日:〜18:00、最終日:〜17:00)
10/15(火)はトークイベント開催のため18:30閉店
Calo Bookshop & Cafe(大阪・肥後橋)
大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル5F
06-6447-4777

*トークイベント*
「イラン民俗のなかの動物たち」終了しました。
10月15日(火)19:30〜21:00
定員:20名
会費:1500円(1ドリンク付き)
イラン民俗学がご専門の竹原新さん(大阪大学准教授)をお迎えし、イランの昔話、伝説、俗信などに現れる、ライオンをはじめとする動物たちについてお話しいただきます。
*要予約 お申し込みはメールでinfo@calobookshop.comまで、イベント名とご予約の方全員のお名前と代表の方のお電話番号を添えてお申込みください。

<東京展>
11月7日(木)〜17日(日)12:00-18:00(金曜日-21:00、最終日:11:00-15:00)
SEE MORE GLASS(東京・原宿)
東京都渋谷区神宮前6-27京セラ原宿ビルB1F
03-5469-9469

*イベント*
「アミーンの絵本と現代音楽の夕べ」
11月13日(水)19:30ー20:30
定員:20名
会費:1500円(+ワンオーダー)
現代音楽作曲家、松本真結子さんの演奏にのせて、Salamx2の愛甲恵子がアミーンの絵本『月の漁師』を日本語とペルシャ語で朗読します。朗読に先立って、アミーン作品の解説や、現代音楽と絵本の親和性などについての、松本さんとのトークもあります。
*要予約:info@salamx2.comまでお申し込みください。
企画協力:しましま出版


アミーン・ハサンザーデ=シャリーフ展「My Iranian Lions」大阪(Calo Bookshop & Cafe) 東京(SEE MORE GLASS)_e0091706_21593472.jpg


# by salamx2 | 2019-08-30 22:11 | amin_1910 | Comments(0)

絵本『くろいなにか』を7人で読んでみました

イランの絵本展「森が舞台の絵本たち」の期間中、7月13日にイベント「くろいのはなに?」を開催しました。

絵本『くろいなにか』を7人で読んでみました_e0091706_22464071.jpg
絵本『くろいなにか』を7人で読んでみました_e0091706_22462703.jpg

ミミズクの表紙が印象的な絵本『くろいなにか』(作:レザー・ダールヴァンド)を読んでみよう、というシンプルな企画です。
シンプルなんですが、「みんなで読んでみる」というのは初めての試み。でも結果、6名の出席者+アイコウで思いのほか楽しく読めました。
一体どういうふうに「読んで」いったかといいますと…

絵本『くろいなにか』を7人で読んでみました_e0091706_22592828.jpg
まず、絵本をめくる前に、この「黒い何か」が何に見えるか、ファースト・インプレッションを書いてもらいました。最後に発表しますよ。
絵本『くろいなにか』を7人で読んでみました_e0091706_22464071.jpg
この黒いの、見れば見るほど気になってきます。作者のダールヴァンドさん、さすがだなぁと。

そして、みなさんが最初の印象を書き終えたら、いよいよ絵本を見ていきます。まず絵をじっくり見て、どんなお話なのかを想像してもらうことにしました。でも一冊全体を想像してもらうのではなく、見開きごとに担当してもらい、前の人のお話を受けて、自分の物語を展開させるという方式。これがすばらしかった。12見開きあったのですが、互いに関係なく見える場面同士でも、みなさん上手につなげていきます。他の人が一体どんなふうにこの絵本を展開させるのだろう、と興味津々でお互いの話に聞き入りました。ここでかなりの盛り上がりを見せて、オリジナルのおはなしがいっちょうあがり。

こうして絵だけで楽しんだあと、文章に移りました。といっても、「読む」わけではなく、耳で楽しむ時間。物語の中にたくさん出てくる「黒い何か」のペルシャ語「イェク・チーゼ・スィヤーフ」という音を注意してもらいながら、ペルシャ語の朗読を聞いてもらいました。この絵本はイランの絵本の中ではかなり文章量が少ない方なので、全ページの全ての文章を読みました。
そうして最後、日本語訳を読んで種明かし。作者ダールヴァンドさんのお話をみなさんと共有しました。さっきできたばかりの即興ストーリーとかなり近しい部分もあったんですよ。またここでひと盛り上がり。

こんなふうに楽しくすごし、最後の最後にみなさんのファーストインプレッションを発表してもらいました。さてさてどんなふうだったかといいますと…

・小動物(すばしこい生き物)
・魔法の石
・キノコ、おかし
・草を燃やし、炭になりはじめているけれど、中は熱々で虹色になっている。
・夜の闇。昼間の光がもれている。
・梅干し

という結果でした。おもしろい!まさにこの絵本『くろいなにか』が表現している世界が現れました。
同じものを見て、隣の人が同じことを考えているんじゃないかと思うのはかなり無理があるってことですね!(キッパリ)。
でもそういう状況の中で、他の人が考えていることに興味を示し、耳を傾け、「おー!なるほどぉ!」と思うことが、この世界をおもしろくする秘訣なんでしょう。『くろいなにか』をみなさんとともに楽しんで、そんな気がしました。

いやあ、おもしろかったなぁ。それもこれも『くろいなにか』のおかげ。ダールヴァンドさんありがとう!
そして、参加者のみなさま、ありがとうございました。

ちなみにこの絵本、展示が終わってからイランから追加注文分が届きました。ご希望の方には1500円+ゆうメール送料215円でお送りいたします。info@salamx2.comまでお申し込みください。

絵本『くろいなにか』を7人で読んでみました_e0091706_18594228.jpg
(始まる前にバラ水ドリンクお出ししました)

# by salamx2 | 2019-07-22 00:54 | ehon_1907 | Comments(0)