人気ブログランキング |

salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ehon_1907( 3 )

絵本『くろいなにか』を7人で読んでみました

イランの絵本展「森が舞台の絵本たち」の期間中、7月13日にイベント「くろいのはなに?」を開催しました。

e0091706_22464071.jpg
e0091706_22462703.jpg

ミミズクの表紙が印象的な絵本『くろいなにか』(作:レザー・ダールヴァンド)を読んでみよう、というシンプルな企画です。
シンプルなんですが、「みんなで読んでみる」というのは初めての試み。でも結果、6名の出席者+アイコウで思いのほか楽しく読めました。
一体どういうふうに「読んで」いったかといいますと…

e0091706_22592828.jpg
まず、絵本をめくる前に、この「黒い何か」が何に見えるか、ファースト・インプレッションを書いてもらいました。最後に発表しますよ。
e0091706_22464071.jpg
この黒いの、見れば見るほど気になってきます。作者のダールヴァンドさん、さすがだなぁと。

そして、みなさんが最初の印象を書き終えたら、いよいよ絵本を見ていきます。まず絵をじっくり見て、どんなお話なのかを想像してもらうことにしました。でも一冊全体を想像してもらうのではなく、見開きごとに担当してもらい、前の人のお話を受けて、自分の物語を展開させるという方式。これがすばらしかった。12見開きあったのですが、互いに関係なく見える場面同士でも、みなさん上手につなげていきます。他の人が一体どんなふうにこの絵本を展開させるのだろう、と興味津々でお互いの話に聞き入りました。ここでかなりの盛り上がりを見せて、オリジナルのおはなしがいっちょうあがり。

こうして絵だけで楽しんだあと、文章に移りました。といっても、「読む」わけではなく、耳で楽しむ時間。物語の中にたくさん出てくる「黒い何か」のペルシャ語「イェク・チーゼ・スィヤーフ」という音を注意してもらいながら、ペルシャ語の朗読を聞いてもらいました。この絵本はイランの絵本の中ではかなり文章量が少ない方なので、全ページの全ての文章を読みました。
そうして最後、日本語訳を読んで種明かし。作者ダールヴァンドさんのお話をみなさんと共有しました。さっきできたばかりの即興ストーリーとかなり近しい部分もあったんですよ。またここでひと盛り上がり。

こんなふうに楽しくすごし、最後の最後にみなさんのファーストインプレッションを発表してもらいました。さてさてどんなふうだったかといいますと…

・小動物(すばしこい生き物)
・魔法の石
・キノコ、おかし
・草を燃やし、炭になりはじめているけれど、中は熱々で虹色になっている。
・夜の闇。昼間の光がもれている。
・梅干し

という結果でした。おもしろい!まさにこの絵本『くろいなにか』が表現している世界が現れました。
同じものを見て、隣の人が同じことを考えているんじゃないかと思うのはかなり無理があるってことですね!(キッパリ)。
でもそういう状況の中で、他の人が考えていることに興味を示し、耳を傾け、「おー!なるほどぉ!」と思うことが、この世界をおもしろくする秘訣なんでしょう。『くろいなにか』をみなさんとともに楽しんで、そんな気がしました。

いやあ、おもしろかったなぁ。それもこれも『くろいなにか』のおかげ。ダールヴァンドさんありがとう!
そして、参加者のみなさま、ありがとうございました。

ちなみにこの絵本、展示が終わってからイランから追加注文分が届きました。ご希望の方には1500円+ゆうメール送料215円でお送りいたします。info@salamx2.comまでお申し込みください。

e0091706_18594228.jpg
(始まる前にバラ水ドリンクお出ししました)

by salamx2 | 2019-07-22 00:54 | ehon_1907 | Comments(0)

イランの絵本展「森が舞台の絵本たち」にご来場いただきありがとうございました

もう一週間近く経ってしまったのですが…成増Patinaのイランの絵本展「森が舞台の絵本たち」にご来場いただき誠にありがとうございました。
e0091706_19030174.jpg

今回は休みなしの6日間という日程でしたが、晴れた日は1日もなかったですね!しっとりした毎日でした。

e0091706_20475103.jpg
e0091706_19214030.jpg

今回は森など自然の中で物語が展開する絵本を集めました。Patinaさんの本棚がちょうど森のようで、中に入ると不思議に落ち着くんです。ほら、このふくろうも森の中からこちらをじっと見ている感じでしょう?

e0091706_19035972.jpg
でもやっぱり気になるのは壁の花ですよね。アマゾンとかで咲いていそうな巨大さですが、

e0091706_18592895.jpg
たたむとこんなに小さい。一枚ずつ広げていく時の驚きとドキドキがたまらない絵本です。ちなみにこれは詩集で、花びら一枚に一編ずつ詩が載っています。ほんと、よく作ったなぁ。

e0091706_19000211.jpg
反対側の壁にはマルジャーンの絵を二枚飾りました。左がEarth day、右が植樹祭のために描かれたものですが、マルジャーンの今の心のありようがそのまま伝わってくるようで、見ていると落ち着きました。


e0091706_19022161.jpg
こまごましているコーナー。5月にイランに行った際に仕入れたキラキラカードやマグネットが個人的には目玉でありました。


e0091706_19022357.jpg
そのほか、「よく回る」コマとか、

e0091706_19022266.jpg
イラン柄の折り紙などもあったのですよ。「オリガミ」はペルシャ語も「オリガミ」。

e0091706_19003460.jpeg
そして大変レアなフリーペーパー『イラン 絵本のいまvol.1』をお配りしていました。これを作ってくださったのはしましま出版さん。絵本への愛が溢れている二人組です。5月に二人がイランに行った際の珍道中漫画もみもの。つづいてます。Vol.2を待て。

e0091706_20183246.jpg

そして、今回もおいしいセロリとラムのホレシュを作ってくださったPatinaさん、ありがとうございました!香草がたくさん入った深緑色のシチュウは今回のテーマにぴったりでした。


というわけで、いろんな形でイランの「緑」を紹介した今回の絵本展。図らずも、Patinaさんの店先で元気に夏に向かう植物たちが、気持ちのいい空間を作る後押しをしてくれた気がします。楽しい時間をありがとうございました。

e0091706_20511829.jpg
7月13日のイベント「くろいのはなに?」の模様は改めて!

by salamx2 | 2019-07-21 21:02 | ehon_1907 | Comments(0)

今年のボローニャ関連企画は「森が舞台の絵本たち」

今年もボローニャ国際絵本原画展の季節がやってきました!キュッと6日間の開催です。
改装した板橋区立美術館でのボローニャ展とあわせてお楽しみください。

イランの絵本展Vol. 6 「森が舞台の絵本たち」
7月11日(木)~16日(火)*会期中無休 11:30-19:00
Café & Gallery Patina
〒175-0094 東京都板橋区成増3-20-16 tel: 03-6909-9524

ボローニャ国際絵本原画展の関連企画6年目となる今年のイランの絵本展は、森や野原など自然の中でお話が進む絵本をご紹介します。
四季があり、多様な自然の風景を持つイランですが、絵本の中に現れる自然の表現もまた様々。木々の間で繰り広げられるとりどりの物語をお楽しみください。

<イベント>「くろいのはなに?」7月13日(土)14~15時
絵本『くろいなにか』(作:レザー・ダールヴァンド)に出てくる「くろいなにか」。お話の中では動物たちがいろんな推理をするのですが、今回はこの絵本を自由に読んでみます。絵をじっくり眺めたり、ペルシャ語や日本語訳を聞いたり、お茶を飲んだりしながら、この「黒い何か」のこと、考えてみませんか?
会費:2000円(絵本『くろいなにか』とイランのお茶付)
定員:10名
info@salamx2.comまでご予約ください。

e0091706_00560632.jpg
『くろいなにか』(作:レザー・ダールヴァンド)


by salamx2 | 2019-06-27 01:14 | ehon_1907 | Comments(0)