salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

訳せない!

翻訳をしていると、ペルシャ語の語感をどうしてもそのまま伝えることができなくて、残念に思うことがあります。

植物や動物の名前にそういうことが多いのですが、『ごきぶりねえさんどこいくの?』の中にでてくる、靴屋のてんとうむしもその一つです。

てんとうむしはペルシャ語では「キャフシュドゥーザク」。意味は「くつをぬうもの」。
なので、イランの絵本でてんとうむしが出てくる場合、だいたい靴屋なんです。
イランの人たちは、てんとうむしを見ると、一緒に靴も思い出すのでしょうか。

ふうむ、てんとうむしが、なぜ「靴を縫うもの」なんでしょう。
この命名には絶対、物語があると思うのですけどねぇ。
今のところ不明です。
[PR]
by salamx2 | 2006-03-12 08:15 | Comments(0)