人気ブログランキング |

salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!

イランの絵本と靴下展〜『わたし、ボタンがこわいの』の原画とともに〜、12月10日より原宿SEE MORE GLASSにて始まっています!サラーム・サラームのサイトでは通販も。
イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14381214.jpg

イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14420590.jpg
今回は『わたし、ボタンがこわいの』の原画を5点並べました。印刷されたものとは違う繊細な色合いや、ボールペンの細い線一本一本の絶妙な表現をお楽しみください。

イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14523207.jpg
右側の棚には、マルジャーン制作の小皿の壁掛け、カードやクロス、クラッチバックなどが並んでいます。少しだけマルジャーン以外の絵本もあります。

丸いタイルはOKKOYOKKOさんの「ビータイル(BEE TILE)」。詳しくはOKKOYOKKOさんに直接聞いていただきたいのですが、16世紀くらいに養蜂で使われたいた養蜂箱(といっても土管みたいなもの)の蓋を現代によみがえらせたものらしいです。絵がいいし、蜂が通るという穴が、またいい!

イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14441915.jpg
イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14511792.jpg
靴下のことはもう何も言うことありませんね。すばらしい一点ものの手編み靴下がたくさん並んでいます。カラフルなアクリル毛糸の靴下や、羊の原毛で編まれたもの、長いの短いの、赤ちゃん用のもあるんですよ!どうぞどうぞ迷ってください。

イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14535461.jpg
そして、今回サラーム・サラームで初お目見えしたものを細かく見ていきますと……まず、絵本『わたし、ボタンがこわいの』。2018年に刊行された絵本で、文章はホダー・ハッダーディさんです。ボタンに追いかけられる女の子のお話ですが、何ともいえない微妙な女の子心理が表現されています。1000円。
なお、ハッダーディさんは、すばらしいイラストレーターでもあって、日本でもモーリタニアが舞台の『あたし、メラハファがほしいな』が翻訳出版されています。

イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14585334.jpg
あまりに絵が可愛いもんですから、マグカップを作りました。陶製で高さ8cm 直径8cm。1500円。
イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14524836.jpg
うふふ、ステッカーも。こちらは350円。絵本とのセットは1300円でちょっとおとく。

イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14400966.jpeg
そしてもう一点、ご来場なさったらぜひよく見ていただきたいのが、この「バーバー・ノエル(サンタクロース)」。原画を飾っています。この絵も、細かい表現に心を鷲掴みにされること請け合いです!

イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_14595161.jpg
ということで、お手元に置いていただきたく、カードを作りました。大判は235x120cm。小さい方は二つ折りで名刺サイズです。各200円。
イランの絵本と靴下展始まっています。絵本やグッズは通販も!_e0091706_15033830.jpg
どちらも裏にプリントがあるのですが、大判はこんな感じ。ノエルおじさんがひょこひょこおります。
靴下にこのカードをつけたら、最強のクリスマスプレゼントになること間違いなし!

というわけで、見所いっぱいの展覧会です。じっくり楽しんでいただきたいところなのですが……コロナですからね。どうぞ無理のない範囲でお越しください。冒頭にも書きましたが、絵本やグッズはサラーム・サラーム のサイトでも販売しています。

25日(金)まで展覧会はゆっくり進みます。ですが、場合によっては、時間を変更したり、ランチを中止したり、ということがあるかもしれません。どうぞご協力のほど、よろしくお願いいたします。
急な変更の告知はSEE MORE GLASSさんのツイッターが最も早いですので、開店予定の日でも、お出かけ前に、念の為一度ご確認ください。

ではでは。クリスマスまで、よろしくお願いいたします!

by salamx2 | 2020-12-13 16:29 | marj_kutsushita_2012 | Comments(0)