人気ブログランキング |

salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

ハーフェズとゲーテ

ペルシャ詩人ハーフェズとドイツの文豪ゲーテの関係に思いを馳せるイベントのお知らせです。

よし世界は沈みゆくとも
ハーフィズよ おんみと おんみとのみ
われは競わん 楽しみも苦しみも
双生児(ふたご)なるわれら与(とも)にせん
おんみのごとく愛しまた飲むことを
わが誇り わが生命(いのち)とせん
いざ響け わが歌よ おのが火に燃えて
汝は古くして しかも新しきが故に
<ゲーテ『西東詩集』岩波文庫、小牧建夫訳より>

ドイツを代表する文豪ゲーテ。その晩年の作品『西東詩集』が生まれた背景には、14世紀に生きたイランの詩人ハーフェズの影響があったことが知られています。若くして名声を得、人生の大半を大作家として生きてきたゲーテが、老年に至ってなぜこんなにもハーフェズに心酔したのか……。とても興味深く、かつ難しいテーマなのですが、今回は難しいことはあまり考えずに、二人の詩を、共通のトピックに沿って味わってみたいと思います。時空を超えた二人の偉大な詩人のつながりを、少しだけ、一緒に感じてみませんか。
ハーフェズの詩は、ご自身も詩人で料理家でもあるレザ・ラハバさん、ゲーテの詩は、タイサラの敏腕マネージャーで美声の持ち主マルクス・グラスミュックさんが朗読します。
イランとドイツの軽食とお酒も準備いたします!

日時: 11月11日(日曜日)15時00分〜 17時00分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費: 3,500円 (レザさんレシピのポテトサラダ、ジャーマンソーセージ、ドイツのリンゴ酒、シラーズワイン付)
定員: 20人
スピーカー:
レザ・ラハバ(Reza Rahbar)
マルクス・グラスミュック(Markus Grasmück)
日本語朗読:
愛甲恵子(Aiko Keiko)

ご予約方法:
参加をご希望される際は、Facebookページの[参加希望]ボタンを押し、さらにコメント欄に投稿して頂きますようお願い致します。Facebookでない方はwww.thaisara.jp内の予約フォームからお申込みください。

ハーフェズとゲーテ_e0091706_10344361.jpg
illustration: Reza Rahbar

by salamx2 | 2018-10-31 10:44 | Comments(0)