salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

ボローニャから帰りました & 今日からモルテザー展!

月曜日にボローニャから無事帰国しました。初めてのブックフェアは熱気にあふれていました。

チャンスをつかみたいイラストレーターが、ここぞという出版社の人に見てもらおうと列を作っていたり、韓国やトルコが大きなブースを展開していたり、イランの出版社の人たちも版権交渉の打ち合わせで出ずっぱりという様子。児童書をめぐるコミュニケーションの場として50年の歴史を持つ風格みたいなものを感じました。
わたしはそういう熱気や活気をじいっと外から見ていたという感じですが、カーヌーンやイラン大使館のブース、さらには初めて知ったエルミー出版のブースでは、新しい本をいちはやくチェックできてよかったです。今のイランの絵本界の傾向やら悩みなんかも少しつかむことができましたし…色々考えさせられることもありますが。
とにもかくにも、百聞は一見にしかず!幻影だったボローニャが現実のイメージとなってやっぱりよかった。そしてやけに思ったのが、イランとイタリアは近い。それに比べてイランと日本、イタリアと日本は遠い、ということです。なんだかんだ言っても日本は極東であるのだなぁと。

e0091706_0474188.jpg

(会場入り口付近に展示してある受賞作)

e0091706_1584589.jpg

(イランの複数出版社のブース。シャバーヴィーズのハルアトバリー社長が目立ってました)

e0091706_159384.jpg

(エルミー出版の英語版絵本。真ん中らへんの三つ編みの子がジャンプしてるみたいな表紙の絵本はマルジャーンの絵です)

e0091706_203855.jpg

(カーヌーンブース。今回も興味深い絵本ありました)

…という感じでまともに総括していないんですが、日付はもう14日。モルテザー展に突入していきます。
ユメとユメの愛息とともにエスノースギャラリーさんで搬入をしてきましたよ。
14日(木)から24日(日)までの10日間、じっくりゆっくりモルテザーの絵をお楽しみください。谷中歩きもぜひ!
そして、17日(日)の缶バッジワークショップはまだ余裕あります!ご興味ある方は13時か15時、ご希望の時間を明記の上、エスノース・ギャラリーさん(info@ethnorthgallery.com)までご連絡ください。詳しい内容はこちらをどうぞ。これに参加しますと、イランの絵本の文字がちゃんと文字に見えてきます。
[PR]
by salamx2 | 2016-04-14 00:55 | morteza_1604 | Comments(0)