salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

『古鏡の沈黙』

e0091706_23234633.jpg19世紀の終わりから20世紀の初めにイランに生きた女性の詩を収めた詩集が出版されました。

古鏡の沈黙
ジャーレ著
ザフラー・ターヘリー解説
中村菜穂/鈴木珠里訳

学者の家系に生まれ、教育を受けて聡明に育った女性ジャーレが、16歳の時に40歳の男性と望まぬ結婚してから抱え込むことになった怒り、悲しみ、不安、迷い、絶望…が詠み込まれた詩集です。
激しく、容赦なく絶望を表現するジャーレ。愛していない夫との間にできた子との関係の苦悩を表現した部分などは、死んだ目に見つめられているような感覚になります。ぞっとして、何も言えなくなる…

この詩人はペルシャ文学史上ほぼ無名(もちろんわたしも知らなかった)。なのになぜ日本で翻訳出版されることになったのか…それはターヘリー氏の解説に詳しく書かれています。とてもわかりやすい解説なのでこれを読んだ後に本編の詩を読まれることをお勧めします。
[PR]
by salamx2 | 2012-04-24 00:27 | Comments(0)