salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

星曜日

遠い星を見ている者は幸である。
星に着陸してその無慈悲な肌にさわるものは不幸だ。
もしも愛するものがあったら
遠くにおいて手を伸さない事にしよう。
征服は又の名を惨敗という。
仰ぎみよ、星はいつも君たちの上に居て、春夏秋冬はこの星空と、君たちのベッドとの間を静かに流れていく。星曜日こそ星空の最も美しい日なのだ。

武井武雄『星曜日』
[PR]
by salamx2 | 2011-11-26 09:12 | Comments(0)