salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

イルフ童画館

e0091706_8574761.jpg長野県岡谷市にあるイルフ童画館というところに行ってきました。この美術館は武井武雄という童画家(1894-1983)の作品を所蔵・展示する美術館で、今は「刊本作品ー武井武雄が創った奇跡の美書たち」という企画展が開かれています。
この「刊本作品」というのは武井が制作した本の特別な呼び方なのですが、会員300名からなる「刊本作品友の会」が制作費を出し、武井がアイディアの限りを尽くした本を作って会員に渡す、というものだったそうです。武井自身の利益は一切なし。

全139冊が展示されていましたが、全ての本がこだわりぬかれていました。見た目だけ奇をてらったものではなく、文章の広がりも含んだ一冊の宇宙として。

タイトルに「奇跡の美書」とありますが、ほんとにそうだな、と思います。利益追求の大量生産だったらこんなに凝りに凝ったものは出せませんからね。「友の会」という武井作品愛好家の存在が生み出したまさに「奇跡」ですよ。

2月までの企画展なので、お近くに行かれる方はぜひ。
[PR]
by salamx2 | 2011-11-25 09:32 | Comments(0)