人気ブログランキング | 話題のタグを見る

salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

キアロスタミの絵本刊行と、トークを含む2daysイベント(10/9, 10)のお知らせ

『友だちのうちはどこ?』などで知られる映画監督アッバス・キアロスタミ(1940ー2016)は、わずかながら絵本も制作していました。その中から2冊の絵本の翻訳版がカノアより刊行されます(10/4発売)。

1、『ぼくは話があるんだ、きみたち、子どもたちだけが信じる話が』(文:アフマド=レザー・アフマディー、絵:アッバス・キアロスタミ、訳:愛甲恵子)2310円(税込)
キアロスタミの絵本刊行と、トークを含む2daysイベント(10/9, 10)のお知らせ_e0091706_22355976.png

2、『いろたち』(作:アッバス・キアロスタミ、訳:愛甲恵子)1650円(税込)
キアロスタミの絵本刊行と、トークを含む2daysイベント(10/9, 10)のお知らせ_e0091706_19474855.jpg

『ぼくは話が‥‥』は、詩人で児童文学作家であるアフマド=レザー・アフマディーが物語を書き、それに対してキアロスタミが絵をつけたもの。写真のコラージュに彩色しています。1970年という、キアロスタミが『パンと裏通り』で監督デビューした年に出版された絵本です。
一方『いろたち』は、緑、黄色、だいだい色、赤、水色、紫、黒、白というそれぞれの色が、さまざまなものや風景の中にあることを、シンプルに描いた本。シンプルなんですが、画一的でなく、絵にも言葉にも自由なリズムがある、めくるのが楽しい絵本です。

全く異なる魅力を持つ2冊の絵本。ぜひ手にとってご覧ください。

そして、二日間だけですが、ゲストをお招きしてのトークを含む出版記念イベントを開催します。

「キアロスタミが遺した2冊の絵本」出版記念イベント
日:10月9日(日)、10日(月)
時間:9日:11時ー14時(トーク開催のため)
   10日:11時ー18時
場所:いずるば
入場料:500円(来場者特典:オリジナルポストカード1枚)
*入り口で靴を脱いでお入りいただきます。
*クレジットカードや電子マネーはご利用いただけません。ご注意ください。
主催:企画室・音と光
企画協力:カノア、salamx2

今回の刊行を記念して、2冊の販売に加え、『ぼくは話しが…』のパネル6点、『いろたち』の校正紙、今年5月にイランで行われたアフマディー氏へのインタビューや原画見学の様子を含む関連写真、キアロスタミやアフマディーの関連書籍、さらに、1970年代に児童青少年知育協会(カーヌーン)で作られた絵本やレコードなどを展示します。
2冊にまつわる様々な物や書籍とともに絵本の世界をお楽しみください。

<トーク>
10月9日(日)15時〜 1500円(入場料含、茶菓子付き)
ゲスト:山本久美子さん(アジア・アフリカ言語文化研究所フェロー)
映画版『いろたち』を含む1970―80年代の作品を中心に、キアロスタミの映画や詩についてお話をうかがいます。(聞き手:愛甲恵子)
*サラーム・サラーム(info@salamx2.com)まで、お名前、連絡先電話番号とともにお申し込みください。

二日間だけのイベントですが、内容は盛りだくさん。ご都合つきましたらぜひお越しください。


◆キアロスタミ監督への告発について:キアロスタミ監督に対しては、2002年公開の映画『10話』の盗作、性暴力が告発されていますが、監督は故人であり真偽不明なこと、また、この2冊が作られたのはそのずっと以前(1970年と84年)であるため、版元であるカノアさんは、今回の絵本とは関わりがないのではないのではないかと判断し、出版を決めました。
https://www.ka-noa.co.jp/assets/pdf/ouropinion.pdf

# by salamx2 | 2022-09-23 09:58 | kiarostami | Comments(0)

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。

先週のことですが…成増Patinaさんでの『アリババと40人のとうぞく』原画展、無事終了しました。暑い中ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

展示中に会場をご紹介できず、すみません。アリババとのあつい1週間、少しだけご覧ください。


『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16324177.jpg

ホルシード・ハーノム(太陽おばさん)がこちらを見てるこの看板は、ユメが描いてくれました。ユメ、カナダから戻ってますよ!

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16334070.jpg

日本語版と中国語版。ナルゲスはもともと中国語版のために絵を描いたのでした。
二冊の間にはいくつか違いがあって、その違いはなかなか興味深いのです。


『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16321797.jpg
カフェスペースの奥から展示が始まります…アリババになくてはならない洞窟の場面三連続。

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16322930.jpg
真っ暗な中でマルジャーナが油を壺に流し込む場面も展示しました。
(「ひらけゴマ」のほかにアリババで覚えているのは、この、油を流し込む場面という人が多かったです)

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16323513.jpg

右の縦位置の額には結婚式の場面が。この絵は日本語版のために描き下ろされました。


『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16331180.jpg

入り口の方から展示スペースをのぞむ。

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16324688.jpg

こちらは「マルコ・ポーロ」と題された一枚絵。細かいコラージュでイタリアらしき港が描かれています。


『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16331146.jpg

Patinaさんのシンボルである三角頭の棚の奥にも一枚絵が飾られていました。
「Sound of Nature」

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16331217.jpg

右側の棚には色々な千夜一夜の書籍たち。

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16325581.jpg

こちらは90人ほどのイランのイラストレーターの千夜一夜が収録されているカタログ。

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16325690.jpg
ナルゲスの「黒檀の馬」も載っています。


『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16332489.jpg

左の棚にはイランみやげコーナー。
スイカバッジは、イランではシャベ・ヤルダー(冬至)アイテムですが、日本ではやっぱり夏にこそつけたい。

『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16332505.jpg

これはマグネット。ちゃんと冷蔵庫につきますよ。ペイカンや公衆電話など、ちょっと懐かしいシリーズ。


『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16331054.jpg

9回目の「ものがたるランチ」は、豆とオクラとラム肉のホレシュ。サラダのドレッシングは店主岩田さんの発案で、イランでもよく食べられるゴマペーストを使ったもの。評判でした!


『アリババと40人のとうぞく』原画展、終了しました。_e0091706_16332710.jpg


あっという間の6日間。コロナ禍の間に制作した日本語版『アリババと40人のとうぞく』でしたが、時を経て、その原画を見ることができ、さらに日本で展示もすることができ、とてもありがたかったです。絵本原画の魅力を改めて感じました。

まだしばらく手元にある予定なので、またどこかで展示できる、かな……?

明日は明日の風が吹く!



# by salamx2 | 2022-08-11 18:29 | alibaba_2207 | Comments(0)

ボローニャ展の関連企画、今年は『アリババと40人のとうぞく』の原画展です!

今年も夏がやってきました。ボローニャ展の季節です。

成増Patinaさんでの展示も9回目。今回は、先月イランに行った時にナルゲスから借りてきました『アリババと40人のとうぞく』の原画展を開催します!

Narges Mohammadi
『アリババと40人のとうぞく』原画展
7月28日(木)〜8月2日(火)*会期中無休
11:30ー18:30(最終日は18時まで)
Café & Gallery Patina
板橋区成増3-20-16
03-6909-9524

ナルゲスならではのコラージュの妙味をぜひぜひ間近でお楽しみください。
会場では昨年ほるぷ出版から刊行された日本語版『アリババと40人のとうぞく』に加え、ペルシャ語のアラビアン・ナイト関連の絵本も販売する予定です。どうぞお楽しみに。

なお、ナルゲスは今年のボローニャ展にも入選しています。ぜひ板橋区立美術館での展示(6/25-8/7)も併せてご覧ください。

ボローニャ展の関連企画、今年は『アリババと40人のとうぞく』の原画展です!_e0091706_21414955.jpg
「ひらけー、ゴマ!」
やっぱりこの一言がないと。


# by salamx2 | 2022-06-24 22:04 | alibaba_2207 | Comments(0)

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。

3年ぶりにイランに行ってきました。
2週間の旅。いつもより少し時間が少なく、行動範囲も狭く、買い物も十分にできたとは言えないけれど、3年ぶりのブックフェアに行くことができ、新しい人と知り合い、古い友人たちにも会って話ができたのだから、これで満足しなければバチが当たりますよ。
この旅の成就にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

さて、しつこいようですが、今回は3年ぶり。イラストレーターたちのところでは、この間に出版された絵本の原画を見ることができました。

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_00131371.jpg
マルジャーンのところでは…

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_00154828.jpg
ナイルのシンデレラ』。例によってボールペン描きの細かさにクラクラきました。一番手前の絵はイソップ(右)がロドピスにいろんな話をする場面です。

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_00223966.jpg
ゴルドゥズィヤンさんのアトリエ(初訪問!)では…

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_00235902.jpg
2ひきのジャッカル』。わたしはこの絵本の牛の絵がほんとにとっても好きですよ。
ゴルドゥズィヤンさんとは、「大変な時期に大変な物語だったね…」と語り合いました。

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_00322917.jpg
そして、ハサン・ムーサヴィーさん(歩くのが早い)にはもちろん…

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_00361252.jpg
ボクサー』を見せてもらいました。原画は…色の迫力がやはり、違いました。「こんな色だったのか!」と何度つぶやいたことか。でもムーサヴィーさんは絵本について「日本版が一番きれい」と言ってくれて、大変嬉しかったです。ご本人もとても愉快な人でした。


しかし…、写真がひどくてすみません。いつかみなさんにも原画をお見せする機会を作れたら、と思います。

原画といえば、昨年出版されたナルゲスの『アリババと40人のとうぞく』はどうした?と思ったそこのあなた、ご心配なく!アリババの原画は預かってまいりました。7月28日から8月2日まで開かれる成増Patinaさんでの展覧会で展示しますので、どうぞお楽しみに。

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_01233526.jpg
(ナルゲス、小顔)

そして、われらの古い友人モルテザーのところにももちろん行きましたよ。
イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_01393151.jpg
数年前に始めたアウトサイダーアートのギャラリーの中にある自身のアトリエで。
モルテザー自身は、もう絵本の絵は描かないと言っていますが、絵は描いています。その一部を預かってきましたので、またモルテザー展をやりましょう!おー!

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_01404979.jpg
ギャラリーは3年の間に引っ越しをして、前よりも静かな場所にありました。新しい人をどんどん見つけて紹介しています。紙に描かれた絵だけでなく、織物などもあるんですよ。

イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_02055207.jpg
(CCさんの作品)

ご興味ある方はぜひoutsider innのインスタをご覧になってみてください。

今回は、他にもたくさん、いろんな人に会い、いろんな話をしました。どんな形になるかわかりませんが、折々にご紹介していきますね。
なお、旅の様子はtwitterでもぼちぼち発信しています。こちらもどうぞ。


イランに行ってきました!絵本原画をめぐる旅。_e0091706_02121952.jpg
(おまけ:マルジャーン家の台所。よく見るといろいろいますよ。そして、以前おみやげに持って行った、キティちゃんがあしらわれた焼き海苔の缶を、塩入れとして使ってくれている)

# by salamx2 | 2022-05-31 02:48 | 2022年イラン | Comments(0)

『ボクサー』読書会(3月27日)

絵本『ボクサー』を出版したトップスタジオHRさんが読書会を企画してくださいました。
場所は吉祥寺のあぷりこっとつりーさんです。
1時間ほどの小さな会ですが、もしお時間ございましたらehon-info@topstudio.co.jp(三島さん)までお申し込みください。
『ボクサー』読書会(3月27日)_e0091706_23331129.jpeg

# by salamx2 | 2022-03-15 23:42 | Comments(0)