salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

『ノホディとかいぶつ』原画展終了しました&改めてノホディのこと

遅くなりましたが、6日(木)に『ノホディとかいぶつ』原画展、無事終了しました。たくさんの方から『ノホディとかいぶつ』の感想や印象を聞くことができて、とても濃密で幸せな時間でした。ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

絵本『ノホディとかいぶつ』は、ナルゲス・モハンマディというイラストレーターがいたから始まった企画です。「ナルゲスの絵で絵本を作りたいですね!」と始まったのです。
そうして、彼女の絵が生き生きとするのはどんなお話だろう、と考えて決めたのが、イランの民話集に載っていたノホディの物語。豆から生まれた小さな女の子が、自分を食べてしまおうとするかいぶつを知恵と機転でやりこめるお話です。

キャラクター作り、ラフ(下描き)、本描きと進んでいくうちに、文章を担当したわたしの方もどんどん物語に入っていきました。
最初の頃は、思わずにやっとしてしまうかいぶつの造形に心が向きがちでしたが、ナルゲスの絵が固まってくると、それに比例するように、小さなノホディがみるみる輝き出しました。

「あたしがいるじゃない!あたしがいく!」
「だっておみずをのまなくちゃ」

小さな体から発せられる、きっぱりとした清々しい言葉。とてつもなく大きなものを前にしても、怖がることもなく、力むこともなく、自然な態度で真っ直ぐ立つことができるノホディに、自分が作り手の側にいることも忘れて魅了されました。ノホディの一番のファンは、わたしです。
それもこれもナルゲスの絵のおかげです。実はナルゲス自身もノホディのように芯の強さを感じさせる人で、わたしはそんな彼女をとても尊敬しています。

そして、そのナルゲスの才能を十分に信頼し、わたしの文章作りをフォローし、多くの人が楽しめる形に導いてくださったのが福音館書店の関根さん。関根さんがいなければ、この本は生まれませんでした。いろんな意味ですごい人です。一緒に本を作ることができて幸運でした。

e0091706_12505847.jpg
<トークイベントでの関根さん(右)。貴重なお話ありがとうございました。もっと聞きたかった!>


そして、6日で22周年を迎えた会場のSEE MORE GLASSさん。ほんとうにおめでとうございます。いつもおいしいごはんやおやつを作って待っていてくれて、ありがとうございます。

e0091706_12524591.jpg
次の一年が、穏やかで、楽しい一年になりますように。
ありがとうございました!

[PR]
# by salamx2 | 2018-09-12 13:53 | narges_nokhodi_1809 | Comments(0)

2019年カレンダーはイブン・スィーナー

2019年のカレンダーはナルゲス・モハンマディの「イブン・スィーナーの医術」を配しました。
e0091706_00302157.jpg

イブン・スィーナー(アヴィセンナ)は、10—11世紀に生きた、イスラーム世界を代表する大学者です。哲学者・医者・科学者として、ヨーロッパの哲学や医学にも大きな影響を与えました(イランでも医者といえばまずイブン・スィーナー)。

 今回カレンダーに使った絵は、“パルデ(幕)・ハーニー(読む)”という伝統的な形式で、一枚の画面にイブン・スィーナーの医術に関する3つの逸話:

1、自分を牛だと思い込んでいた人を治した話

2、埋葬されそうになっていた人に瀉血(しゃけつ)を施したら元気になった話

3、恋煩いを治した話

が描かれています。

 1と3については『ペルシア逸話集』(黒柳恒男訳、平凡社、1969年)に詳細が載っていますので、お手元にある方はご覧になってみてください(現在展示中のSEE MORE GLASSには置いてあります)。

e0091706_00021024.jpeg

当然のことながら、イラン太陽暦付きであります。数字のフォント、微妙に毎年違うのですよ。デザインを担当してくださっているmegurinaoさんが色々工夫してくださっています。

例年通り、SEE MORE GLASSでの販売は通常1200円のところ1000円です。おとく!


[PR]
# by salamx2 | 2018-09-03 00:52 | Comments(0)

ナルゲス・モハンマディ『ノホディとかいぶつ』原画展、始まりました!

こどものとも9月号『ノホディとかいぶつ』の原画展が、9月と一緒に始まりました。

e0091706_10390473.jpg

原画17枚のうち、今回は5枚を展示しています。

”ノホディとお母さんが出会う場面”
”小麦畑の場面”
”「やあやあむすめさんがた」の場面”
”しかたなくハルワーを作る場面”
”ノホディ最高にピンチの場面”

の5枚。
ナルゲスの今回の絵は、いろいろなモチーフを、まずモノプリントという一種の版画で描き、それを切り抜いて別の紙に貼ることで画面を構成しています。コラージュの巧みさや、淡い色の組み合わせの美しさ、いろいろな見所があります。
どうぞじっくりご覧ください。

e0091706_09583642.jpg

そしてナルゲスの絵による2019年カレンダーもあるのですよ!2019年のモチーフは10ー11世紀の大学者「イブン・スィーナー」で、ございます(詳細は改めて)。もう来年のはなしか!などとおっしゃらずにどうぞどうぞ。
もちろん今年も1200円のところ1000円で販売しますし、買ってくださった方にはさらに小さなよいものをおまけに差し上げます(なくなり次第終了)。

という感じで、ノホディ展、静かに楽しく始まっております。
今回はたったの6日間ですので、どうぞお見逃しなく!


[PR]
# by salamx2 | 2018-09-02 10:31 | narges_nokhodi_1809 | Comments(0)

『ノホディとかいぶつ』原画展とトークイベント

発売になったばかりの『ノホディとかいぶつ』(こどものとも9月号、福音館書店)の原画展とトークイベントのお知らせです。

Narges Mohammadi『ノホディとかいぶつ』原画展
9月1日(土)〜6日(木) 12時〜18時(最終日〜20時)
SEE MORE GLASS
150-0001東京都渋谷区神宮前京セラ原宿ビルB1F
03-5469-9469

ブラティスラヴァ世界絵本原画展で金のりんご賞を受賞するなど国際的にも高い評価を得ているナルゲス・モハンマディ。今回の絵本は、イランの昔話に絵を描き下ろした日本デビュー作です。得意なコラージュで生み出した、繊細かつ大胆なノホディの物語の世界をお楽しみください。
本展ではまた、金のりんご賞受賞作品『わたしは一頭のシカでした』をはじめとするイランで刊行されたナルゲスの絵本も展示・販売いたします。

*トークイベント<シーモアで見つけた!イランの宝物絵本>
9月5日(水)19:30-21:00 定員:20名
会費:(シーモア22周年につき)2200円+ワンオーダー*ひとくちハルワー付
シーモアグラスのカウンターで世界の絵本を紹介している絵本家の広松由希子さんと、『ノホディとかいぶつ』の再話者であるSalamx2の愛甲恵子が、イランの絵本のこと、ノホディのこと、ナルゲスのことを語り尽くします!
info@salamx2.comまでご予約ください。

e0091706_21301278.png
<ノホディピンチの図>


[PR]
# by salamx2 | 2018-08-09 21:56 | narges_nokhodi_1809 | Comments(0)

こどものとも『ノホディとかいぶつ』

福音館書店のこどものともよりイランの昔話を題材にした絵本『ノホディとかいぶつ』(愛甲恵子再話 ナルゲス・モハンマディ絵)が発売になりました!
ブラティスラバ世界絵本原画展で金のりんご賞を受賞し、ちょうど今、久留米市美術館で原画が展示されているナルゲスさんの描き下ろし作品。紛れもない最新作です。

この絵本については……書き出すときりがないのでやめます!
とにかくこのピンクの表紙、気になりますでしょ?なりますよね?どうぞ手にとってみてください。
大きめの本屋さんでは取り扱っていることが多いです。ない場合でも本屋さんを通じて注文が可能ということです。

9月1日〜6日には原宿のSEE MORE GLASSで原画展もあります。お楽しみに!

e0091706_13434395.jpg

[PR]
# by salamx2 | 2018-08-01 16:07 | nokhodi | Comments(0)