人気ブログランキング |

salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

絵本『くろいなにか』を7人で読んでみました

イランの絵本展「森が舞台の絵本たち」の期間中、7月13日にイベント「くろいのはなに?」を開催しました。

e0091706_22464071.jpg
e0091706_22462703.jpg

ミミズクの表紙が印象的な絵本『くろいなにか』(作:レザー・ダールヴァンド)を読んでみよう、というシンプルな企画です。
シンプルなんですが、「みんなで読んでみる」というのは初めての試み。でも結果、6名の出席者+アイコウで思いのほか楽しく読めました。
一体どういうふうに「読んで」いったかといいますと…

e0091706_22592828.jpg
まず、絵本をめくる前に、この「黒い何か」が何に見えるか、ファースト・インプレッションを書いてもらいました。最後に発表しますよ。
e0091706_22464071.jpg
この黒いの、見れば見るほど気になってきます。作者のダールヴァンドさん、さすがだなぁと。

そして、みなさんが最初の印象を書き終えたら、いよいよ絵本を見ていきます。まず絵をじっくり見て、どんなお話なのかを想像してもらうことにしました。でも一冊全体を想像してもらうのではなく、見開きごとに担当してもらい、前の人のお話を受けて、自分の物語を展開させるという方式。これがすばらしかった。12見開きあったのですが、互いに関係なく見える場面同士でも、みなさん上手につなげていきます。他の人が一体どんなふうにこの絵本を展開させるのだろう、と興味津々でお互いの話に聞き入りました。ここでかなりの盛り上がりを見せて、オリジナルのおはなしがいっちょうあがり。

こうして絵だけで楽しんだあと、文章に移りました。といっても、「読む」わけではなく、耳で楽しむ時間。物語の中にたくさん出てくる「黒い何か」のペルシャ語「イェク・チーゼ・スィヤーフ」という音を注意してもらいながら、ペルシャ語の朗読を聞いてもらいました。この絵本はイランの絵本の中ではかなり文章量が少ない方なので、全ページの全ての文章を読みました。
そうして最後、日本語訳を読んで種明かし。作者ダールヴァンドさんのお話をみなさんと共有しました。さっきできたばかりの即興ストーリーとかなり近しい部分もあったんですよ。またここでひと盛り上がり。

こんなふうに楽しくすごし、最後の最後にみなさんのファーストインプレッションを発表してもらいました。さてさてどんなふうだったかといいますと…

・小動物(すばしこい生き物)
・魔法の石
・キノコ、おかし
・草を燃やし、炭になりはじめているけれど、中は熱々で虹色になっている。
・夜の闇。昼間の光がもれている。
・梅干し

という結果でした。おもしろい!まさにこの絵本『くろいなにか』が表現している世界が現れました。
同じものを見て、隣の人が同じことを考えているんじゃないかと思うのはかなり無理があるってことですね!(キッパリ)。
でもそういう状況の中で、他の人が考えていることに興味を示し、耳を傾け、「おー!なるほどぉ!」と思うことが、この世界をおもしろくする秘訣なんでしょう。『くろいなにか』をみなさんとともに楽しんで、そんな気がしました。

いやあ、おもしろかったなぁ。それもこれも『くろいなにか』のおかげ。ダールヴァンドさんありがとう!
そして、参加者のみなさま、ありがとうございました。

ちなみにこの絵本、展示が終わってからイランから追加注文分が届きました。ご希望の方には1500円+ゆうメール送料215円でお送りいたします。info@salamx2.comまでお申し込みください。

e0091706_18594228.jpg
(始まる前にバラ水ドリンクお出ししました)

# by salamx2 | 2019-07-22 00:54 | ehon_1907 | Comments(0)

イランの絵本展「森が舞台の絵本たち」にご来場いただきありがとうございました

もう一週間近く経ってしまったのですが…成増Patinaのイランの絵本展「森が舞台の絵本たち」にご来場いただき誠にありがとうございました。
e0091706_19030174.jpg

今回は休みなしの6日間という日程でしたが、晴れた日は1日もなかったですね!しっとりした毎日でした。

e0091706_20475103.jpg
e0091706_19214030.jpg

今回は森など自然の中で物語が展開する絵本を集めました。Patinaさんの本棚がちょうど森のようで、中に入ると不思議に落ち着くんです。ほら、このふくろうも森の中からこちらをじっと見ている感じでしょう?

e0091706_19035972.jpg
でもやっぱり気になるのは壁の花ですよね。アマゾンとかで咲いていそうな巨大さですが、

e0091706_18592895.jpg
たたむとこんなに小さい。一枚ずつ広げていく時の驚きとドキドキがたまらない絵本です。ちなみにこれは詩集で、花びら一枚に一編ずつ詩が載っています。ほんと、よく作ったなぁ。

e0091706_19000211.jpg
反対側の壁にはマルジャーンの絵を二枚飾りました。左がEarth day、右が植樹祭のために描かれたものですが、マルジャーンの今の心のありようがそのまま伝わってくるようで、見ていると落ち着きました。


e0091706_19022161.jpg
こまごましているコーナー。5月にイランに行った際に仕入れたキラキラカードやマグネットが個人的には目玉でありました。


e0091706_19022357.jpg
そのほか、「よく回る」コマとか、

e0091706_19022266.jpg
イラン柄の折り紙などもあったのですよ。「オリガミ」はペルシャ語も「オリガミ」。

e0091706_19003460.jpeg
そして大変レアなフリーペーパー『イラン 絵本のいまvol.1』をお配りしていました。これを作ってくださったのはしましま出版さん。絵本への愛が溢れている二人組です。5月に二人がイランに行った際の珍道中漫画もみもの。つづいてます。Vol.2を待て。

e0091706_20183246.jpg

そして、今回もおいしいセロリとラムのホレシュを作ってくださったPatinaさん、ありがとうございました!香草がたくさん入った深緑色のシチュウは今回のテーマにぴったりでした。


というわけで、いろんな形でイランの「緑」を紹介した今回の絵本展。図らずも、Patinaさんの店先で元気に夏に向かう植物たちが、気持ちのいい空間を作る後押しをしてくれた気がします。楽しい時間をありがとうございました。

e0091706_20511829.jpg
7月13日のイベント「くろいのはなに?」の模様は改めて!

# by salamx2 | 2019-07-21 21:02 | ehon_1907 | Comments(0)

今年のボローニャ関連企画は「森が舞台の絵本たち」

今年もボローニャ国際絵本原画展の季節がやってきました!キュッと6日間の開催です。
改装した板橋区立美術館でのボローニャ展とあわせてお楽しみください。

イランの絵本展Vol. 6 「森が舞台の絵本たち」
7月11日(木)~16日(火)*会期中無休 11:30-19:00
Café & Gallery Patina
〒175-0094 東京都板橋区成増3-20-16 tel: 03-6909-9524

ボローニャ国際絵本原画展の関連企画6年目となる今年のイランの絵本展は、森や野原など自然の中でお話が進む絵本をご紹介します。
四季があり、多様な自然の風景を持つイランですが、絵本の中に現れる自然の表現もまた様々。木々の間で繰り広げられるとりどりの物語をお楽しみください。

<イベント>「くろいのはなに?」7月13日(土)14~15時
絵本『くろいなにか』(作:レザー・ダールヴァンド)に出てくる「くろいなにか」。お話の中では動物たちがいろんな推理をするのですが、今回はこの絵本を自由に読んでみます。絵をじっくり眺めたり、ペルシャ語や日本語訳を聞いたり、お茶を飲んだりしながら、この「黒い何か」のこと、考えてみませんか?
会費:2000円(絵本『くろいなにか』とイランのお茶付)
定員:10名
info@salamx2.comまでご予約ください。

e0091706_00560632.jpg
『くろいなにか』(作:レザー・ダールヴァンド)


# by salamx2 | 2019-06-27 01:14 | ehon_1907 | Comments(0)

二年ぶりのイラストレーターたち

2年ぶりにイランに行ってきました。イラストレーターの友人たちはみんな元気に絵を描いていて嬉しかったです。ではでは順番に。

e0091706_17424284.jpg
マルジャーンです。坊主頭がクール。ドレッドヘアになった後、「面倒になって」こういうふうにしたそうです。会うたびに違う髪型でこちらを喜ばせてくれます。

e0091706_17431407.jpg
e0091706_17432295.jpg
キーシュ島やらトルコやらいろんなところに行く夫婦ですが、今はテヘランから車で一時間くらいのところに住んでいます。マルジャーンテイストでまとめられ、自由な雰囲気の気持ちのよいお家。

e0091706_17415774.jpg
で、窓からこのうっつくしい景色が見えるんです。「ひえ!毎日この風景を見ながら暮らしているのか!」とクラクラしました。楽しげな鳥の声もずっと聞こえます。
わたしだったら一生ここに住む、と思いましたが、マルジャーン夫妻はそういうふうには考えてないみたいです。引越し好きな夫婦。
マルジャーンはこういう風景の中で、好きな絵を思う存分描いています。

e0091706_17415731.jpg
さてこちらはモルテザー。自身の馬の絵をじっと見る…
場所は2年前に始まったアウトサイダーアートのギャラリー、outsider innのバックヤードです。
e0091706_17415697.jpg
ギャラリーは順調のようです。お邪魔した時は特に個展などではなく常設展で、絵画からおもちゃのような立体まで様々な作品が並んでいました。
国別でいうとフランスのお客さんが多いということ。日本のアウトサイダーアートのこともとても気にしていました。

e0091706_17415741.jpg
e0091706_17430362.jpg
入り口前の庭にはブラックベリーの木があって、ちょうど食べごろでした。おいしかったぁ!

e0091706_17415683.jpg
ナルゲスです。「肉を食べないようになってとても体調がいい」と言っていました。すでに8ヶ月ほど肉を食べていないそうです。マルジャーンはもう長いですが、イランでもベジタリアンが少しずつ増えているようですよ。ちなみに腰掛けているベンチの上の絨毯はお母さんが織ったもの。
e0091706_17415618.jpg
「植物増えたでしょ?あはは、どんどん増えちゃって」。

e0091706_17415606.jpg
今年のサラーム・サラームカレンダーに使った絵「イブン・スィーナーの医術」は実はこんなに大きいのです。

e0091706_18260391.jpg
自身が「宝物入れ」と言う、大きな棚。様々な紙が入ってました。紙だけでなく作品も紛れていて、しかもばさっと入れてあるだけだからコラージュがちょっと剥がれてたりして、「も、もうちょっと自分の作品大切にしたほうが…」、とつい言ってしまいたくなる豪胆さも魅力のナルゲスでした。


e0091706_17435227.jpg
ゴルドゥズィヤンさんです。イラストレーションのクラスにお邪魔しました。上級クラスと初級クラスが続けてあったのですが、生徒さんは全員女性でした。

e0091706_17434549.jpeg
どちらのクラスも、課題を見せてゴル先生がコメントしていく、という形。ゴルドゥズィヤンさんは、わたしの印象ではあんまりしゃべらない人というイメージだったのですが、授業ではしゃべるしゃべる。いろんな比喩を上手に使って言いたいことを伝えていきます。そして言葉だけでは納得してないな、という雰囲気がある時には自分で描いてみせます。そうなると全員「おぉぉ!」となって「はい、先生のおっしゃる通りです」という感じになっていました。さすが。
イランのイラストレーション界の最前線で活躍しているゴルドゥズィヤンさんですが、自分で描いていることをちゃんと言葉でも伝えられる人なんだな、すごいな、と思いました。

e0091706_17440275.jpg
さて最後はヌーシーン。ヌーシーンは今テヘランではなく、テヘランの南にあるゴムという街に住んでいるので、アトリエに伺ったりということはできなかったのですが、テヘランでなんとか数時間会うことができました。

e0091706_17440929.jpg
ヌーシーンはしっかりとおっとりが同居したまじめなイラストレーター。最近も活躍めざましいのですよ。
会った日はこの絵本『7頭の馬 7つの色』の原画展が開かれるトルコに行く前日だったのですが、この数日後、韓国のナミコンクールで「パープル・アイランド賞」を受賞したという知らせが届きました!おめでとう、ヌーシーン!
この絵本、いずれ詳しくご紹介したいと思いますので、お楽しみに。

ということで、みんな元気でとにかくよかった。力もらって帰ってきました。

# by salamx2 | 2019-05-23 19:36 | 2019年イラン | Comments(0)

ラーシーン・ヘイリーエ絵本人気投票の結果!その3

ラーシーン絵本人気投票結果。最終回です!11位から。

11位は3冊です。

11位(5票):『怪獣と自転車』文:アフマド・アクバルプール

ある作家が、自転車が大好きな怪獣のお話を娘のドルサのために書き、ドルサ本人もちょいちょい物語に顔を出す、といった形の物語。怪獣なので人間たちを食べようとするんですが、自転車を好きな場合は特別扱いで、<友だちコーナー>に名前が書かれ、保護されます。きめ細やかな対応にちょっと吹いちゃう。
自転車を好きなのはアクバルプールさんご本人なんじゃないかな、と。
e0091706_00385391.jpg


11位(5票):『ぼくのお嫁さん、きみがうたう歌』文:モルテザー・ホスロウネジャード

足に棘が刺さったことがきっかけで、歌を歌えないスズメが色んな人にちょっとした親切をしていきます。思い通りに「お礼」をもらえなくてイライラするんですが、最後にひとりぼっちの目の見えない歌手に自分のお嫁さんを渡し(お嫁さんも納得のうえですよ)、歌手からは素敵な歌声をもらって歌を歌えるようになる、というお話。
何かをわたして何かをもらう。そうやって人生は進んでいく。なるべくバランスがいいといいけれど。
e0091706_21315116.jpg


11位(5票):『ラッキー・ウェンズデー・ガム』文:セイエド・ナヴィード・セイエド・アリーアクバル

バーハールという女の子が、ごみばこで見つけた「ラッキー・ウェンズデー・ガム」という名のガムを噛んでいると、行く先々で出会う不機嫌な人たちの願いがかなうのだけれども、その人たちが、「やっぱりやだ、元に戻して欲しい」と言いにきたので元に戻してあげる、というお話。
アイコウはこの絵本に一票を投じました。タイトルと主人公のバーハールが好きで。
朝暗いうちからごみ箱を探索しているバーハールは、多分、そんなに恵まれた境遇ではないんだけれども、本人はそういったことを全く気にするふうでなく、ガムを噛みながら、ごく自然に他人の願いを願います。小さな神様かなんかかな、と思いました。
e0091706_22002361.jpg
さて、ラスト3冊!
14位は2冊です。

14位(4票):『きつねと雁』文:マジード・シャフィーイー

群れを守るために見張り役を仰せつかった雁が、きつねの仕掛けに騙されて失敗を重ね、そのせいで怪我を負った仲間の雁とともに置いてけぼりにされる、というお話。きつねは鶏や雁を狩ろうとする悪役なわけですが、結局あんまり上手くいかないので、雁たちの厳しいやりとりの裏でややぼんやりした存在になってます。表紙を見ると、楽しそうに自転車に乗ったりしてて、主人公然としてるんですけどね。
e0091706_23013479.jpg

14位(4票):『赤いボール』文:ラーレ・ジャアファリー

小さなお話が5つ収録されています。中でも一風変わっているのが「CDとネコおじさん」。元気のないCDをネコおじさんが笑わせるけれども……という斬新なお話。CDってあの音楽とか聞くあのCDですよ。でもラーシーンさんはごく自然に絵をつけているので、読者も自然に受け入れられます。
表紙の三人組、なんだろうな。お話の中には出てこないのですが。
e0091706_23173158.jpg

そして、栄えある16位は、、、

16位(3票):『飛ぶ』文:アフマドレザー・アフマディ

飛行機に乗って、空からいろんな花の種を蒔く少年のお話。少年は飛行機で空を巡りながら、果物をもいだり、月にペンキをまいたり、太陽に預言者たちの名前を書いたり……いろんなことを、やりたいように、実に楽しそうに、やっていきます。
絵は、布を巧みに使ったコラージュで、他の作品に負けず劣らずかわいいです。色鮮やかなところがラーシーンさんにしてはめずらしいかもしれません。
e0091706_00081771.jpg
という結果となりました!
どれにも票が入り、人気が突出した作品がなかったというのは興味深いことでした。どの絵本も誰かの「お気に入りの一冊」になったということですから、並べた者としては大変嬉しいことです。
ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

ということで、ラーシーンの絵本展、終了。
来週から二年ぶりのイランなので、準備に没入します。

# by salamx2 | 2019-04-26 00:33 | ehon_1904 | Comments(0)