salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

マルジャーンというひと

紹介ページの写真をご覧になった方はわかると思いますが、
マルジャーンはとてもかわいい人です。

一緒に歩いていると、
明らかにひとびとの視線が彼女に向いているのがわかります。
彼女がかわいいせいでわたしの買い物が安くなったりしました。

また、彼女は比較的寡黙な人です。
おしゃべり好きなイラン人の中にあって、少しめずらしい存在です。

でも並んで歩いている時にふっと小さな鼻歌を歌い出すときがあります。
いつも突然なので、こちらは少し驚くのですが、
その妙に幸せそうな雰囲気を壊したくないので、
「どうしたの?」とか無粋な質問をしたことはありません。

そんなマルジャーン。
日本に来たら色々案内したいところはあるのですが・・・
成田空港に降り立つのはいつになることでしょう。
[PR]
# by salamx2 | 2005-10-25 01:49 | Comments(0)

驚異!詩のしりとり

イラン留学中は、テレビがなかったので、もっぱらラジオを愛聴していました。
(あ、一応念のために申し上げますが、わたしに洗濯機やテレビを据え付ける余裕がなかっただけで、ちまたには立派な電化製品が売られておりますです。はい。)

朝から晩まで色々な番組があるわけですが、わりと夜遅い時間に、
イランの古典詩をどれだけ知っているかを競う番組がありました。
その方式が単純で、1対1で詩のしりとりをするのです。

強引なたとえですが、古典の和歌や俳句などをしりとりする、
という感じでしょうか。

時間制限もあって、静かにぽんぽんとやりとりがなされていくのですが、
これが結構続くのです。
しかも、言った詩が正確であるかどうかをチェックする先生がまたすごい。
逐一、「今の違います」などと指摘して、「これはこうこうこうですね。」とおっしゃいます。
ひえー、何が出てくるかわからないのに。
一体どれだけの詩を暗記しているのでしょうか?

もちろん古典の和歌や俳句をたくさん記憶している方はいるでしょう。
しかし、毎週ふたり登場して試合ができるほど多いとは思えません。

イラン人と詩の深い深いつながりを垣間みる
驚くべき番組でした。
[PR]
# by salamx2 | 2005-10-24 01:52 | Comments(0)

夜の空港

イランへ行くのにイランエアを使うと、
現地時間の夜11時過ぎにテヘランに到着しますが、
夜中だというのに、ロビーは花を持った出迎えの人でいつも混雑しています。
家族総出で、なんてことも多いようです。
(家族っていっても、核家族じゃないですよ)

お目当ての人が出てくると、喜びの声をあげ、抱き合い、頬にキス。
時には涙もみえたりします。
周りの目なんて全然関係ない。

大切な人に一刻も早く会いたい、という気持ちと、再会の喜び。

あったかい気持ちが充満しているその空間がそこはかとなく好きなのです。
[PR]
# by salamx2 | 2005-10-23 02:28 | Comments(0)

イランの整形事情

イランに行くと、鼻に白いガーゼをつけている人をたまに見かけます。
女性が大半ですが、男性にも見かけるようになってきました。
実はそれは鼻を小さくする手術を受けた人です。

なにぶん目鼻立ちがしっかりしすぎているイランの方々。
立派な鼻の、特に小鼻のあたりを小さくまとめる手術をするようです。

と、そのことはわりと前から知っていたのですが、
最近、イランでは、大きな胸を小さくする手術というのもわりと一般的になされている、ということを知りました。

所変われば、、、ですねぇ。
[PR]
# by salamx2 | 2005-10-22 01:54 | Comments(0)

日本語で読む中東のメディア

東京外国語大学のサイトの一角なのですが、
ペルシャ語、アラビア語、トルコ語の現地新聞の記事を
翻訳してインターネットに載せる、というページがあります。
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/news_j.html

インターネットの普及で、新聞社各社のインターネット版が気軽に読めるようになりました。
わたしが学生のころは(そんなにすごく昔ではないですよ!)、何ヶ月も前の新聞がようやく送られて来て、それを先生方が教材として利用なさったりしていたものです。

でも上記のサイトでは、教材としてではなく、まさに「今の情報」を日本語にして伝えるべく、学生たちが奮闘しております。
大学院生などによる厳しいチェックも入っているそうで、正確なものが読めますので、是非一度覗いてみてください。
[PR]
# by salamx2 | 2005-10-21 01:24 | Comments(2)