salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

エディ・マーフィ、かも

早くもモルテザーの「顔」展は折り返しです。

e0091706_23151128.jpg

あるお客様が
「この顔はエディ・マーフィに似てる」
とおっしゃいました。
「お、おぉ!なるほどぉ」
わたしはうなりました。わかる!わかります!

このようなナイスセンスの「誰かに似てる」説をお待ちしております。

アイコウは今週、15日、16日の15時くらいから在廊します。
[PR]
# by salamx2 | 2017-02-14 23:15 | morteza_1702 | Comments(0)

モルテザーの「顔」展始まっています。

2月は丸々顔の絵の展覧会!
1日から無事始まっております。

e0091706_0153345.jpg

24年の歴史をもつウィリアムモリス。こげ茶色のテーブルや椅子が並ぶ空間に、今回の作品がとても合いました。

e0091706_046195.jpg

DMに使った絵。比較的小さな絵ですが、やっぱりこの顔は結構な存在感です。サッカーの世界的スーパースター、C.R.さんに似てると言った人がいましたが、さてどうでしょう。わたしは似てる気がしてきました。すでにその名で呼んでいます。

e0091706_0155648.jpg

ひとりひとり名前をつけてみたりするとおもしろいのではないかと。

e0091706_016428.jpg

珈琲おいしいです。チーズケーキやシナモントーストも絶品ですよ。

ウィリアムモリスは落ち着いて珈琲が飲める場所です。本を読んだり、手紙を書いたり、ぼーっと考え事をしたり、隣り合わせた人と話しをしたり…(←全部わたしがここでしてることですが)、どうぞゆっくりおすごしください。

なお、お店は喫煙可なので、タバコがだめな方はすみません。夕方は比較的少ないので、その頃がおすすめです。
ではでは。2月が終わるまで、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
# by salamx2 | 2017-02-04 00:54 | morteza_1702 | Comments(0)

Morteza Zahedi 「顔」展

2017年も1月がまもなく終わりますが…
2月は今年最初の展覧会、モルテザー展です!

Morteza Zahedi 「顔」展
2月1日(水)〜2月28日(火)
12:30〜18:30
* 日曜日・月曜日・11日・14日・18日休み
ウィリアムモリス 珈琲&ギャラリー
150-0002 渋谷区渋谷1-6-4Neat青山2F
TEL: 03-5466-3717
(アイコウは14日以外の火曜日、水曜日、25日(土)の15時ごろから在廊予定です)

今回は顔・顔・顔!です。
顔というと、以前安野光雅さんが寄稿していた新聞の記事を思い出します。
安野さんは若い頃、絵が描けなくなってしまった時期があったそうで、でもある時ふと、この世に生きている人の顔は全部違う、ということに気がついて、何だかとても勇気付けられた、という感じの内容です、確か(間違っていたらすみません)。
わたしはそれまで全員の顔が全部違う、という結構すごい事実を意識したことがありませんでした。まあ意識したからといってどうということでもないのですが、それ以来電車の中などで人の顔を眺めると、安野さんの話とともに「あの顔も、あの顔も世界にひとつだけなんだよな…」などとしみじみ思っています。

という話はさておき、モルテザーの顔たちです。「ほんとに顔?」ってな顔も並びます。安野さんもきっとびっくりの。
頭をやわらかくして、いろんなかたちの「顔」をお楽しみください!

e0091706_22222285.jpg



e0091706_22212414.jpg

[PR]
# by salamx2 | 2017-01-24 22:41 | morteza_1702 | Comments(0)

迎春2017年

あけましておめでとうございます。
穏やかな楽しい一年になりますように。

さて、年明け早々ユメの作品が展示される展覧会がありますのでお知らせを。

MY WAY 2017
志賀絵梨子 ナム・チョイ 藤田夢香
1月8日(日)〜15日(日)
Shonandai MY Gallery

久しぶりですね!わたしも楽しみにしています。

そして、サラーム・サラーム企画の展覧会は、今年は2月のモルテザー展(2/1-28)から。
顔の絵ばかりの展覧会です。こちらもどうぞお楽しみに。

e0091706_18545666.jpg

(ベネツィアで見かけたペットボトルのお花)
[PR]
# by salamx2 | 2017-01-01 19:01 | Comments(0)

2016年が暮れます

またまた一年が過ぎまして、2016年が暮れようとしています。今年も様々なこと、ありがとうございました。

今年は、3月に妙蓮寺のタイ料理レストラン、タイサラで行われたノウルーズイベントの準備から始まりました。レザ・ラハバさんとの打ち合わせはいつも興味深く、数時間に及ぶこともしばしばでした。「どうやったらペルシャ語のみずみずしい春の詩を参加者のみなさんと共に楽しむことができるだろう」と色々と試行錯誤したイベントで、まことにつたない翻訳ではありましたが、普段人の訳にばかり頼っているハーフェズやサアディの詩をなんとか自分の言葉で訳せたのは大変ありがたい経験になりました。

そして4月には初めてボローニャに行きました。それまでわたしにとって音の連なりでしかなかった、「ボローニャ」。毎年板橋美術館で楽しませてくれる原画展の生みの親のようなボローニャ・ブックフェアは、プロとして自分を売り込みたいイラストレーターたちの静かな熱気に満ちていました。ご飯おいしいし、また行きたいなぁ。

ボローニャから帰ると谷中エスノースギャラリーさんでのモルテザー展。大きな窓から入る春のやわらかい光の中で、モルテザーの動物たちものんびりムードでした。モルテザーの絵で作る缶バッジワークショップでは、名品がたくさん生まれましたよ。

7月は今年で3度目となるボローニャ展関連企画、成増Patinaさんでの絵本展でした。「詩に関する絵本だけの展覧会」という、なかなか挑戦的な内容で抄訳作りも難航しましたが(結局間に合わなくて出せなかったのもあります。トホホ)、やはりこれもやってよかった。詩ってもっと楽しめるんじゃないかなぁ、という気分を少しお伝えできたのではないかと思っています。そして、ルバイヤートを声に出してみよう、というこれまた新しい試みにも多くの方が参加してくださって、とても嬉しかったです。

10月にはシルクロードバザールに参加しました。新たな出会いがいろいろあったのを印象深く思い出します。ゆめ先生によるバラの香りのする文香作りのワークショップもしましたね。

そして最後が、おかげさまで恒例となりつつある原宿シーモアグラスさんでの絵本原画展。今年はAlireza Goldouzianさんの『ニーム・マン・ブーグ』でした。ゴルドゥズィヤンさんはメールの返信が大変のんびりな方で、連絡を取り始めた頃は何度も開催を諦めかけましたが、最終的に素晴らしい原画はちゃんと空を飛び、東京までやってきてくれました。『ニーム・マン・ブーグ』は妙なお話で、これまた訳に苦労しましたが、結局なんだかんだで楽しいから…ゆるす!
今年で4枚目となる太陽暦付きカレンダーは、この『ニーム・マン・ブーグ』からの一枚、「逃げる大臣たち」の絵です。こちらで販売していますので、ご希望の方はぜひどうぞ。
なお、カレンダーは以下のお店でも取り扱っていただいています。
URESICA(東京、西荻窪)、エスノースギャラリー(東京、谷中)、百水(東京、千石)、Calo bookshop & Cafe(大阪、江戸堀)

振り返ると今年は「詩」がキーワードの一年でした。無視していたわけではないけれど、ずっとおっかなびっくり触っていたこの存在に、今年はやや正面からぶつかれたように思います。このキーワードは来年も、多分絵本を紹介している限りずっと、キーワードであり続けます。来年はどんな詩に出会えるかな。楽しみにすることにしましょう。

では最後に小さな小さな詩を。

もし、虹がポケットに入らなくても
悲しまないで
代わりに
ありったけの夢を 入れればいいの

アリーアスガル・セイエドアーバーディ『おいしい風船』より

よいお年を!
[PR]
# by salamx2 | 2016-12-31 02:49 | Comments(0)