salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

入選は3人

書き忘れましたが、ボローニャ展の今年のイラン人入選者は3人です。

マルジャーン・ファラーハーニーさん、ラーシーン・ヘイリーエさん、ヌーシーン・サファーフーさんの三人。ヌーシーンさんは、もう何度かご紹介していますが、絵本カードのこの絵の人。今回の入選作は神秘主義詩人ルーミーの物語を題材にしているみたいですよ。どんなのか楽しみです。

さてさて、あっという間に6月最後。マサラさんでの展覧会は今日が最終日です!

e0091706_9152098.jpg

[PR]
by salamx2 | 2011-06-30 09:16 | Comments(0)

ボローニャ展!

今年もボローニャ展の季節がやってきましたよ。今年も各地を巡回するようですが、やはりトップバッターは板橋区立美術館。

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
板橋区立美術館
7月2日(土)~8月14日(日)

毎年関連イベントが充実しているのですが、今年も魅力的なラインナップです。こちらをご確認ください。

ちなみにMASALAさんでのサラーム・サラームの絵本展はもうすぐ終わり…(30日まで)。お近くの方、こちらもお忘れなく!
[PR]
by salamx2 | 2011-06-28 00:13 | Comments(0)

雑貨店 百水

今月11日、東京、文京区千石に小さな雑貨店が開店しました。百水(ひゃくみず)です。都営三田線千石駅に近い、ちょっと古めのアパートの二階奥。今は土日祝日だけ開いています。
サラーム・サラームの絵本や一部のポストカードを扱って頂いているのですが、開店以来はじめて、ようやくゆうべお邪魔しました。

百水は店主の山崎さんが内装とか水回りなどをご自身でこつこつ作り上げた手作りのお店です(そこらへんはHPの「百水通信」に詳しい)。
雑貨店というとごちゃごちゃたくさんのものがあるというイメージがありますが、始まったばかりの百水は、山崎さんに選ばれて並べられたモノたちがゆったりと落ち着けるような余裕な空間。でもそのことが逆に、これからやってくるであろうまだ見ぬ色々な「いいモノ」の存在を不思議と感じさせ、わくわくします。
好きな空間だなぁ、と思いました。

同じアパートの他のお店はとうに閉まった閉店ぎりぎりの時間でしたが、小さな灯りが意外としっかり入り口を照らしていて、それが未来に続いていく百水の「意志」みたいで頼もしかったです。

e0091706_15324697.jpg

[PR]
by salamx2 | 2011-06-26 15:35 | Comments(0)

Caloさんのおかげです

今回展覧会をしているMASALAと、これまで何度も展覧会をさせてもらっているcalo bookshop & cafeは大変近い位置関係です。歩いて10分強くらいかな。
実は先日のイベントで大活躍したプロジェクタはカロさんからお借りしたものでした。しかも重い機材をマサラさんまで持って来てくださったという…カロさんにおんぶにだっこでございました。

お店には搬入の時にもイベントの次の日にも伺いましたが、ほんと、落ち着くところなんですよね。
いつも思いがけず長居をし、いつも買わないような本を買う、カロさんです。

e0091706_9432918.jpg

[PR]
by salamx2 | 2011-06-25 09:44 | Comments(0)

サントゥール

サントゥールは岩崎和音さんが演奏してくださいました。
e0091706_911764.jpg



e0091706_912152.jpg


短い曲の後、サントゥールに関するお話を少ししてくださって、その後長い曲と短い曲が演奏されました。サントゥールの音を初めて聞く方が多かったのですが、岩崎さんの説明がとてもよかったこともあって、その魅力が十分に伝わる演奏だったと思います。最後のアップテンポの曲では、ダルビッシュさんは踊り出しそうだったとか。
あの、丁寧かつわかりやすいお話の仕方は見習わねば!と思いました。

岩崎さんはプーリー・アナビアンさんのお弟子さん。大阪にプーリーさんという一流の演奏家がいらして、すでに30年近く大学でサントゥールを教えていらっしゃるということが、関西における(ひいては日本における)イラン古典音楽の奥行きを確実に深くしているんだなぁ、と思った岩崎さんの演奏でした。
[PR]
by salamx2 | 2011-06-23 09:45 | Comments(0)

お菓子とお料理 のお料理

何かもったいぶった形になりましたが…
マサラさんのイベントで予約された方に出された「イランディナープレート」です。

e0091706_22232244.jpg


食べかけですみません…
少し辛いシチュウ、ハーブ入りご飯、鶏のケバブ、ベリーと鶏肉のライスケーキ、そしてほうれん草とヨーグルトのペーストです。
MASALAさんはイランに行ったことはあるけれど、そんなにたくさんイラン料理を食べたことはない、という方。レザさんの本を見て作ったということでしたが、とてもおいしかったですよ。昨年の高槻に続き来てくださったダルビッシュさんは、特にほうれん草とヨーグルトのペーストがお気に入りのようでした。

いつもとちょっとだけ違う味をおいしいと感じ、そうしてその味が、行ったことのない場所に思いを馳せるきっかけをくれる…なんと楽しい時間でしょうか!
[PR]
by salamx2 | 2011-06-22 00:37 | Comments(0)

チャリティコンサート

ディナープレートの前にこれをお知らせさせてください。日が迫っているので…
もうすでに何度かコンサートをなさっているモクタリさん板谷さん夫妻のチャリティコンサートです。

◆ガンバレ日本! ペルシアの歌チャリティコンサート
(人は皆 かけがえのない生命  一つの身体一つの想い)
       
【出演】
弾き語り:板谷由紀子 
詩の朗唱:モクタリ・ダビッド、 他

【日時】
2011年6月24日(金)
午後6:30 開場   7:00 開演       

【場所】
北とぴあ(つつじホール)  入場無料(会場に義捐金箱を置くということです)
交通:JR京浜東北線、東京メトロ南北線 王子駅 下車 徒歩2分

問い合わせ先:alborzjp@yahoo.co.jp (モクタリ・ダビッド)

残念ながらわたし自身は都合がつかなくて行けないのですが、モクタリさんご本人と電話で話したところによれば、今回のために特別に準備した曲もあるとか。
お近くの方、ぜひお出かけください。

関係ないですけど、北とぴあは大学時代にクラシックギター部の定期演奏会で何度か行ったなぁ…
[PR]
by salamx2 | 2011-06-21 00:48 | Comments(0)

お菓子とお料理 のお菓子

関西での所用を済ませて、夕べ戻りました。大阪のみなさま、お世話になりました。
さて、早速イベントの模様を少しずつレポートしていきますね。

今回のイベントでは、参加してくださった方全員に出されるお茶とお菓子、そして予約してくださった方に会終了後に出される「イランディナープレート」の二種類がありました。
例によって会が始まる頃はばたばたで、お菓子の写真を撮っていない…しかしこのお菓子がとってもおいしそうだったのですよ。丁寧な手作りで…どんなものが出たかといいますと、

ピスタチオとアメリカンチェリーのパイ&ピスタチオクリーム添え
クミンのクッキー
ミントティー

MASALAさんがイランをイメージして構成を考え、作ってくださいました。イランのナッツの代表格であるピスタチオとアメリカンチェリーの組み合わせというのが憎いじゃないですか。
あー、でもやっぱり言葉だけじゃ味気ないですね。写真がないのが残念。クミンのクッキーはレザさんの料理の本からだそうですよ。今回もレザ本が大変活躍しておりました。

では次にディナープレートをご紹介…と思いましたが、時間がないのでまた今夜!
[PR]
by salamx2 | 2011-06-20 09:28 | Comments(0)

ありがとうございました!

MASALAさんでの朗読&サントゥール演奏会、無事終了しました。
ご来場頂いたみなさま、誠にありがとうございました!

『一本のバラ水』の朗読は初めてで、あんな感じで物語がちゃんと伝わっただろうか…とか色々考えてしまいますが、みなさんとひとときを過ごすことができて嬉しかったです。

サントゥールのことや、お料理のことは東京に帰ってからまた改めて記事にしますね。
(いい写真があんまりないんですが…)乞うご期待!

e0091706_10142977.jpg

[PR]
by salamx2 | 2011-06-18 10:17 | Comments(2)

ふたたび、行ってきまーす

再びの大阪、行って参ります。
今東京は雨が降っているけれど、大阪はどうだろう…
どうか曇りくらいでお願いします。

ではでは、会場でお会いしましょう!
[PR]
by salamx2 | 2011-06-17 00:05 | Comments(2)