salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フライヤーです

e0091706_1117578.jpg


MASALAさんより展覧会のフライヤーが届きました。
この緑と赤と白は…イランの国旗の色ですね。
マサラさんはお店自体のコンセプトとして「旅」を大切にしていて、今回も「旅」がキーワードです。

大阪にいながらにして、イランの空気を感じる…
微力ながらサラーム・サラームがそのお手伝いをいたします。
[PR]
by salamx2 | 2011-05-29 11:57 | Comments(0)

一週間後にはじまります

早いものでもう五月も終わろうとしている…
来週はもう6月で2日からはmasalaさんでの展覧会です。

今回はいつもと違って、壁にはモルテザーやマルジャーンの絵ではなく、サラーム・サラームが撮ってきた写真を展示します。少しだけですけれどね。
いい感じになってくれるとよいのですが…なにせ初めてなのでね。少しドキドキしています。

そしてこの機に乗じて写真のポストカードも作ってみたのです。
これもきれいに仕上がるといいんですけど…

地味に初めてなことが多くてちょっとだけ緊張しているアイコウです。
[PR]
by salamx2 | 2011-05-27 01:51 | Comments(0)

出町さんの鬼の展覧会

e0091706_0244731.jpg今、表参道のギャラリーTAOさんで、陶芸家の出町光識さんの展覧会が開かれています(28日まで)。

今回のモチーフは鬼。地震の後、4月に一気に80体作ったそうです。リンク先に会場風景が少しのっていますが、いろんな鬼が気ままに佇んでいますよ。
タコとかイカみたいなひょろっとした足があるのとか、フジツボみたいなものがびっしりついているのとかがあって、何だかちょっと海にいるみたいだな、と思いました。

鬼って一体何でしょうね。
人間が生み出したものなんですけれども。
[PR]
by salamx2 | 2011-05-25 00:56 | Comments(0)

ありがとう!美篶堂 の会

今から5年前にモルテザー展をさせてもらった美篶堂。実はこのほど御茶の水のショップを閉め、神保町の竹尾 見本帖本店2階の一角に引っ越しをしました。
美篶堂は存続するとはいえ、御茶の水のショップの閉店というのは大きな区切りです。昨日、美篶堂にゆかりのある方々が集まって「ありがとう!美篶堂」の会が開かれました。

美篶堂さんが持つ、真っすぐにおだやかに、という感じがそのまま体現されたような雰囲気の会でしたよ。出されたお料理もおいしかったぁ。

そして美篶堂はこれからも続いていくのであります。
e0091706_10231019.jpg

[PR]
by salamx2 | 2011-05-23 10:25 | Comments(0)

四国村

香川県高松市にある四国村で「アムラシュの世界-イラン山岳地帯の造形-」という展覧会が開かれています(6月30日まで)。
HPを見ると、四国村、楽しそう。いきたいなぁ。
わたしの好きなコブ牛くんもいますしね。

e0091706_9525352.jpg

[PR]
by salamx2 | 2011-05-21 09:53 | Comments(0)

今回はバラ水で!

来月17日にマサラさんで行われる朗読会。今度は新しい本に挑戦いたします。

色々悩んだ結果、『一本のバラ水』という絵本に決めました。留学していた時(あー、かれこれ7年も前!)に買ってずっと好きだったのですが、これまでちゃんと紹介する機会がなかった絵本です。
少し販売分もあるので、あらすじをせっせと作っております…

お楽しみに!

e0091706_23552182.jpg

[PR]
by salamx2 | 2011-05-18 00:05 | Comments(0)

MASALAさんでのイベント

6月2日から大阪のカフェ・ギャラリーMASALAさんで始まる展覧会。期間中に二つのイベントがあります。

6月17日(金)18時〜
*イランの音を聴く
ペルシャ語での絵本朗読とサントゥール演奏
朗読はわたくしアイコウがいたしまして、サントゥールは岩崎和音さんがなさいます。
お茶とお菓子付きで会費は2500円。

6月25日(土)16時〜
*イランの味を学ぶ
ダリア・アナビアンさんに教えて頂くイラン料理教室です。スライドを見せながらの様々なお話もあるそうですよ。
会費は3500円。

朗読は何にしようか考え中…なんとなく「食べ物」というのが今回のコンセプトなので、それに沿ったチョイスができればと思っています。

ご予約はinfo@masala-world.jpか06-6360-3813へ!
[PR]
by salamx2 | 2011-05-15 15:45 | Comments(0)

ポスター ハイク キボウ

2年前、モルテザーのアトリエで知り合ったデザイナーのヤズダーンくんは、3月に日本で地震があった後、facebookを通じて世界中の友人たちに、日本への祈りを込めたポスターを作ってくれるよう呼びかけていました。そしてそれ以来毎日のように彼のfacebookのウォール(掲示板みたいなものかなぁ)には多くのポスターが寄せられ、その1枚1枚に感謝の意を表し、コメントを残していました。
そして今、そのポスターの展覧会がテヘランで開かれています(写真がなくて残念ですがこんな記事にもなっています)。イランをはじめ、トルコ、メキシコ、イタリア、ロシア、韓国などなど様々な場所で描かれたポスターが100点展示されているそうですよ。いずれ日本にも巡回するのではないでしょうか。

一方、震災の犠牲者、被災者に思いを寄せる俳句を作って(イラン人が、ですよ)翻訳し、日本へ送ろうという希望俳句会という企画もあるとか。

どこにいても、自分の仕方であの日のことを思い、それを形にすることができる…遠いイランからこちらに向けられた静かながらも熱い気持ちを感じて、そんなことを思った2つの知らせでした。
[PR]
by salamx2 | 2011-05-13 09:47 | Comments(2)

モルテザーの新しい絵本

1000 ZANI MAUXという本がパリの出版社RMN Grand palaisから出ましたよ!

e0091706_1048691.jpg


見ておわかりになるかと思いますが、3段になっていて、それぞれめくれるみたいです。
これ、A3の大きさなんですってよ〜!
他のページも色々送ってくれていて楽しいのですが、さすがに載せすぎると問題あると思いますので控えました。
本物を見てみたいなぁ。
[PR]
by salamx2 | 2011-05-08 10:58 | Comments(0)

オルディーベヘシュト

本日の東京地方はどんよりとした曇り空ですが…
イランでも今はキラキラとした新芽の季節です。
4月21日から5月21日までのイラン暦第2月の名はオルディーベヘシュト。この単語の中にあるベヘシュトは「天国」という意味ですけれど、この季節と関係あるのかないのか…

ハイヤームの詩の意味でも考えながら散歩しましょうか。

創造主が自然の万象をつくりあげたとき、
なぜそこに、欠如した破損したものを入れたのか。
もし美しいものであったのなら、なぜそれを壊すのか、
もし見事な形でなかったのなら、それは誰の咎。

オマル・ハイヤーム『ルバーイヤート』岡田恵美子編訳p. 28

e0091706_15522448.jpg

[PR]
by salamx2 | 2011-05-05 15:53 | Comments(0)