salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

オフサイド・ガールズ!

いやあ、ユメはよく写真を撮ってたんですねぇ。全然知りませんでした。おじさんシリーズ、わたくしアイコウも楽しんでおります。

e0091706_4211549.jpgさてさて、先日ご紹介したイラン映画「オフサイド・ガールズ」、見て参りました。女性のスタジアムでのサッカー観戦が禁じられているイランにおいて、どうしてもサッカーを生で観たくて、果敢にスタジアムに潜り込もうとする女の子たちのお話。

何と言いましょうか。とにかく女の子たちが元気です。もの凄く元気です。めちゃくちゃに元気です。あれだけしゃべって、あれだけ動いたら、夜はぐっすり眠ることができるだろう。そんな風に思える気持ちのよい明るさ。それと、この映画は実際の試合の時に撮影されたようなのですが、テヘランの空がだんだんと暮色に染まっていく感じが、時の流れをまさに自然に感じさせてくれたところも妙に新鮮でした。あー、「ある日」なんだなぁ、と。

おとことおんな。喜劇と悲劇が絶えない、永遠のペアです。
[PR]
by salamx2 | 2007-09-30 04:51 | Comments(4)

イランの車窓から Ⅷ

おもわぬ反響を頂いて きっとイランのおじさま達も 今頃喜んでいるでしょう。
今回は、ちょっと若いお兄様!?。
e0091706_215284.jpg

バイクは〜歩道を走りましょう〜?でしったけ?イランでは??
バイク屋さんの前に止まっているわけではないですよ。ちゃんとタラリ〜ラ〜と走っています…。

右手前の車道の端にバイクの車輪が奇跡的に写っているのがポイントです
[PR]
by salamx2 | 2007-09-29 01:59 | Comments(2)

早速野間コンクールの原画展に行きました

e0091706_7125673.jpg上野の国際子ども図書館に、野間絵本原画コンクールの入賞作品展を見てきました。中の写真は撮れないので、扉だけ。

イラン人の入賞者が17人ですからね。犬も歩けばイラン人イラストレーターの作品にあたる、てなもので、たくさん見ることができました。感想は、一言で言うと「上品だなぁ。」ということでしょうか。イランにおける絵本を作る技術の高まりを改めて感じました。

わたしとしては、黒い斑点を探し求める真っ赤なてんとうむしのお話のマルジャーン作品がいっとう好きです!
[PR]
by salamx2 | 2007-09-28 07:34 | Comments(2)

イランの車窓から Ⅷ

おじさんシリーズ化してしまいそうです。やはり、女性を撮るのは遠慮してしまうので、写真が少ないというのもあるのですが…
e0091706_0463498.jpg


また、ばっちりこちらをみて頂いています。何のお店屋さんだろう?ちょうど樹で隠れてしまってわかりませんが、こうやって店のドアの所に立っているのをよく見かけます。商売しているのですよねぇ?正面左のお店では、イーゼルに絵がかざってあったりしてますね。これも何屋さんだろう??
[PR]
by salamx2 | 2007-09-27 00:48 | Comments(6)

秋が始まった

今夜は仲秋の名月でした。
東京地方は、朝晩はすっかり秋の風。季節はちゃんと移り変わっていますね。

さて、イランも23日から第7月メフルが始まって、「秋」になりました。イランでは四季はきっちり一年を四等分ですからね。暑くたってなんだって、誰がなんと言おうと秋です。
でも、この「きっちり四季」、不思議なもので、そうやって季節が無理矢理変わると、ちゃんと気候の方もついてくる感じがあるんです。気のせいですかね。

まあでも、今頃テヘランでも秋風が吹き始めているかもしれません。
アフマディネジャード大統領氏のジャンパーが、ちょうどよさそうな季節です。
[PR]
by salamx2 | 2007-09-26 01:04 | Comments(2)

イランの車窓からⅦ

かわいらしいイランのおじさんの話が出たので、思わずこちらの写真を取り出しました。
e0091706_254191.jpg
「おじさんと猫」
足下に黒猫がいるのがわかりますか??

バザールの中のお店の軒先で,すました黒猫を見つけ、写真を撮ってると…店の奥にいて談笑していたおじさんが、わさわさと出て来て「猫の写真をとりたいのか?そうかそうか」と、猫にカメラに向けと指示。俺になついてるからまかしとけ!と、いつのまにかおじさんも座り来んでポーズ。
なんだかおかしく、笑ってしまってこれまたボケた写真に…

e0091706_2594322.jpg
おじさん、ありがとう。でもね、猫,ちゃんといい子だったんだよ…

ただいま、アメリカのコロンビア大学にイランの大統領が来ています。実況生中継中で,
熱気むんむん。
[PR]
by salamx2 | 2007-09-25 03:02 | Comments(2)

なまけものコンクール

e0091706_7211311.jpg『今夜のお話』という絵本をご紹介したことがありました。一晩一話形式で一ヶ月分のお話が載っている絵本です。その第四夜はシャラーレが絵をつけています。

怠惰な召使いが集まって、誰が一番怠惰であるか決めよう、というお話。
色んな怠惰人が、
「ぼくは名前を3度呼ばれなきゃ立ち上がらない。」
「朝着替えるのが面倒だから、外出着を着て寝る。」
「水差しの蓋を開けるのが面倒だから、喉が乾いても我慢する。」
とか、怠惰自慢をするわけです。
で、誰が優勝したかというと、
ものすごい洪水が来ても原っぱで寝続け、とうとう洪水が髪の毛を流してしまったという、はげ頭の怠惰人。満場一致でした。

こういう、なんの道徳的要素もない、ただ「バカだね〜あはは〜」と笑えるお話、結構好きです。
[PR]
by salamx2 | 2007-09-24 07:45 | Comments(4)

ハーフェズ

来月(10月20日(土)〜10月28日(日))の東京国際映画祭で2本のイラン映画が上映されるようです。

『ハーフェズ ペルシャの詩(うた)』(アボルファズル・ジャリリ監督)
『数日後』(ニキ・カリーミー監督)

コンペティション部門にエントリーされている『ハーフェズ』のヒロインは日本の俳優麻生久美子さん。しかも日本人ではなく、イラン人女性の役です。
恋愛をテーマにした作品のようですが、ジャリリ監督が、なぜ日本人の麻生さんをあえてヒロインに選んだのか非常に興味深いところです。
[PR]
by salamx2 | 2007-09-23 06:59 | Comments(0)

イランの車窓からーⅥ

e0091706_131273.jpg
こちらは、ターブリーズの山の上の方の街並みです。
ちょこまか ちょこまかと小さな家がひしめき合い、赤土の山の様子も残しつつ絶妙なバランスで家々が建っている姿は、あっかんです。が、なんともいえない「かわいらしさ」を感じてしまいます。

この家の写真をみていると、マルジャーンの絵を思い出します。「みどりのヤギの足音」という新しい絵本を、観て頂けると なるほど!!と、思って下さるかなぁと、思います。こちらの絵本は、大阪caloさんの展示の時に販売致します。そのあと、HPでも販売予定なので、首をなが〜くしてお待ち下さいね。
[PR]
by salamx2 | 2007-09-22 01:11 | Comments(10)

ゆめいろのパレット

偶像崇拝禁止なはずなのに、お偉方の肖像画や肖像写真は、どこにでもあるんですよね。現代美術館にもしっかりありましたし。でもどこでも同じ格好なので、例えば、現代美術館にあるものは、もうちょっと抽象画っぽくするとか、そういうバリエーションがあるといいんじゃないかなぁ。なんて勝手な妄想です。

さて、野間国際絵本原画コンクールの入賞作品展がはじまります!

期間:2007年9月22日(土)〜2008年1月13日(日)
場所:国際子ども図書館(東京 上野)

マルジャーンとモルテザーの作品も並びますよ〜。
なにせ、イラン人イラストレーターは17人も入選しているのです。
秋の一日、上野の森を楽しむのは、とてもいいと思います。
あの森はやはりすごくいいです。
[PR]
by salamx2 | 2007-09-21 07:43 | Comments(2)