salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

搬入

今日、搬入です!
午前中からロゴスギャラリーで作業を始めます。

さてさて、どんなふうになりますやら。
また今夜ご報告します!
[PR]
by salamx2 | 2007-01-31 08:12 | Comments(0)

今夜はキャプション作り

e0091706_1112516.jpg今夜は作品につけるキャプション作りにはげみました。

わたしが作るキャプションはなんの変哲もない、単に事実を伝えるだけのものですが、こだわりがあるとすれば、それはペルシャ語も入れるということでしょうか。特にモルテザーがつけるタイトルは長いことが多いのでやりがいがあります。そして見てくださる方がそのペルシャ語に気付いておもしろがってくださるとなお嬉しい。

今回もモルテザーがおもしろいタイトルをつけてくれています。お楽しみに。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-30 01:46 | Comments(0)

梱包&発送

ロゴスギャラリーでの展覧会はとうとう今週の木曜日からです。
準備をする毎日。

今日は展覧会に出す作品や品物を梱包して発送しました。
箱は3つほどになりましたが、大きめの額が入っている箱はかなり重くて、玄関までずりずりとひきずってやっとのことで宅急便屋さんに引き渡しました。

それにしても宅急便屋さんというのは、こちらが「これは重いよなぁ。運ぶの大変じゃないかなぁ。」なんて思っているものでもひょいひょい持って行ってしまいますよね。いつも感心してしまうのですが、「すごいですねぇ」としみじみ言ったら、「これで食ってますから」と言われてしまいました。
かっこいいです。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-29 00:44 | Comments(0)

手紙の旅

グリーティングカードありがとう、というメールがマルジャーンから届きました。
1ヶ月前に投函したカードです。1ヶ月もかかるんだなぁ。
こちらは正月も完全に終わり、梅の花まで咲き始めそうなのだよ、マルジャーン。

今までの経験からいうと普通のエアメールは日本→イランでは遅れがちです。確実に早く届けたい時にはEMSというのがいいみたいです。10日くらいで届きます。
でも何年も前、投函した手紙が6ヶ月くらい後にイランから宛先不明で戻って来た時には妙に感動しました。日本を出発して、イランまで行って、多分地方都市の郵便局まで行って、それでだめでまた飛行機に乗って帰ってきたなんて、もの凄く優雅な時間の使い方です。

長い旅路でこの手紙は何を見たんだろう,,.わたしはそんな事がやたら気になる人間です。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-28 00:47 | Comments(0)

招いていないおきゃくさま

e0091706_136538.jpg今度の展覧会では、いつも販売してきたマルジャーンとモルテザーの3種類の全訳付き絵本に加え、ほんの少しだけ別の作家の絵本も販売します。

その中の一冊がこの『招いていないお客さま』です。
雨の日にドアをたたく色々な動物たちを優しく家に招き入れるおばあちゃんの話。この写真は表紙ですが、かなり迫力があります。おばあちゃん、という存在の何か「怖いものなし」みたいな感じがよく出ているなぁ、と思います。

実はこの本は1967年出版のカーヌーン社第1号の絵本。今でも人気があるそうで、ロングセラーのようですよ。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-27 01:47 | Comments(0)

オリジナルグッズ

e0091706_0253687.jpg今回の展覧会ではこれまで出してきた半袖、長袖のTシャツの他に、エコバッグも出ます。
詩の国シリーズが入るくらいの小さなバッグと、まさに買い物袋に使えそうな大きなバッグの2種類。これまで同様YUMEが一つ一つ刷っていて、同じ柄は一つもありません。

小さく小さくなりますから、気軽に持ち歩けます。
買い物をした時に、さっとこのエコバッグを出したら、すごく素敵だと思いますよ〜。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-26 00:34 | Comments(2)

『ごきぶりねえさんどこいくの?』朗読会

2月1日から始まるロゴスギャラリーでの展覧会では、『ごきぶりねえさんどこくの?』朗読会、という関連イベントがあります。

2月3日(土) 14時から
渋谷パルコパート1 ロゴスギャラリーにて

おなじみまんたのりおさんとアイコウケイコが朗読をいたします。
今回は「朗読会」なのであまり余計な話しはなしで朗読だけをびしっとやり遂げる予定。
長い時間は頂きませんので、ちょいっと遊びにきてくださーい。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-25 01:27 | Comments(2)

「大統領になりたかった男」見ました。

見てよかったです。おもしろかった。

大統領選挙に立候補し続ける75歳のミール・ガンバルという老人をめぐるドキュメンタリー。
わずかなちらしを持って、手足の不自由な友人とともに行うのんびりとした選挙活動と、「閣僚名簿はもうほとんどできていて、全て知っている人です。あとは議会で承認してもらうだけ」とガンバル氏本人が語る実に具体的なビジョンの間には奇妙なアンバランスがあります。というかアンバランスに見えます。
この作品の監督はこのアンバランス(に見えること)を通じて、「国」とか「お金」とか「人権」とかを小難しく語って逆に縛られ動けなくなる態度を痛烈に皮肉っているのだと思いました。

今回の放送は70分のうちの50分だけを映した短縮版。
全部見てみたいです。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-24 02:18 | Comments(0)

「大統領になりたかった男」

去年の秋くらいに上映情報を一度のせた映画ですが、明日(23日)の夜、NHKBS1で放送されるようです。

BS世界のドキュメンタリー
イラン 「大統領になりたかった男」 
1月23日(火) 後9:10〜10:00
NHK衛星第1(BS7)
*イランの大統領になることを夢見て、大統領選挙に出続けたある泡沫候補の選挙活動を淡々と追ったドキュメンタリー映画。

わたしは以前紹介した時、結局自分では見られなかったので、今度は逃さないようにしたいところ。おもしろそうですからね。ちゃんと見られたら明日報告します。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-23 00:57 | Comments(0)

ジャリリ監督の東京

昨日の話の続きではないですが、イランにいた頃、新聞で、イラン人映画監督の一人アボルファズル・ジャリリさんがビデオカメラで撮った東京の風景がテレビで流れる、という記事を読みました。それで是非見てみたいと思い、友人のうちにお邪魔して(うちにはテレビがなかったので)、新聞に書いてあった放映時間を待ったのですが、待てどくらせど全然始まりませんでした。

日本であればその時間に「番組変更になりました」とか「ずれこんでます」というようなテロップが出ますが、そんなこともなし。まあ、お邪魔した先はイランに留学している仲間だったので、1時間くらいは「こんなこともあるだろうね。」みたいな感じで、普通にだらだらテレビをつけていたのですが、さすがに2時間近くなると「ほんとに今日なの〜?」などと言われ始め、わたしも自信がなくなってきたため、それじゃあ帰るか、みたいな雰囲気になった時、突然それは始まりました。

内容は、春の原宿にいる人を撮ったものだった気がしますが,,,あまり覚えていません。わは。
[PR]
by salamx2 | 2007-01-22 01:01 | Comments(0)