salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:nazli_amin_1709( 7 )

ナーズリーとアミーン展終了しました

9月20日に神保町の福果で始まり、10月には大阪のCalo Bookshop & Cafeに運ばれた「ナーズリーとアミーン展」、28日(土)に無事終了しました。ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました!

今回の作品は、ゾロアスター教に関わる神話や、ガージャール朝期の石版画など、これまでわたしがほとんど注意を払ってこなかったところからインスピレーションを受けて制作されたものでした。
二人が生みだした世界が、見てくださる人に、より伝わるよう精一杯の工夫をしたつもりですが、足りない部分は多々あったと思います。
そのような中でも、二人の作品の魅力を的確に感じ取り、それを多くの方に伝えてくださった福果さんとCaloさんには感謝しかありません。

ナーズリーは自分の作品に添えて、こんなことを書いていました。
「この展覧会は招待状です。見てくださる方が、普段なじみのない場所で育まれた文化や芸術と、新しい関係を取り結ぶきっかけになったらと思っています」

この言葉は、すでに20年以上(歳がばれますが)イランやペルシャ語とつきあっているわたしに向けたものでもありました。この展示がなかったら、ゾロアスター教の創世神話や『被造物の驚異と万物の珍奇』についてじっくり考えることもきっとなかったです。ありがとう、とってもおもしろかったよ、と二人に伝えたいと思います。

これからの二人の活躍が楽しみです。サラーム・サラームは見つめていきます!
ありがとうございました。

e0091706_6251336.jpg

e0091706_625353.jpg

[PR]
by salamx2 | 2017-10-30 06:53 | nazli_amin_1709 | Comments(0)

「二人の作品を深く知ろう!」カロ編 の様子と作品について

初日の夜は、イベント「二人の作品を深く知ろう!」カロ編が催されました。
e0091706_22412582.jpg

平日夜の開催でしたが、こんなに多くの方が参加してくださいました!ありがとうございました。

e0091706_22372917.jpg
カロさんではプロジェクタを使い、画像を見ながら話しをしました。作品について話す前に、「二人の絵本は10年前から知っていた」ことや、「でも初めて対面したのは今年の5月だった」こと、「その会った場所というのはモルテザーがやっているアウトサイダーアートのギャラリーだった」ことや、「二人に連れていってもらったテヘランブックフェアのすごさ」などなどを脈絡もない感じで話しました(わたしの中ではあったのですが)。


e0091706_2239862.jpg
そしていよいよ作品についてです。ナーズリー作品は、すでに何度も書いていますが、ゾロアスター教に関連する神話。こちらの画像は、マシュヤグとマシュヤーナグという人類最初の男女がいかにして子孫を増やしていくことになったのか、という内容の手製本の一場面です。わりと驚くような展開なのですが、「でも最初の人間だったらそうしちゃうかも」と思わせる妙な説得力があります。多分それは無駄のないシンプルなシルクスクリーンの線も関係しています。絵に仰々しさがないことで、紛れもなく経験値ゼロである最初の人間の単純さ、あるいはその単純さの中にさえ存在する欲望、みたいなのが、ダイレクトに伝わってくるのです。
それにしてもシルクスクリーンの仕組みを知った今、この作品の細かい表現の美しさに唸ります。オレンジの鮮やかさも!


e0091706_22365264.jpg
こちらは「あらゆる樹木、植物の種子を内包する木、ヴィスプビーシュ」。ゾロアスター教の経典『アヴェスター』に登場する聖なる木で、霊鳥シーモルグが巣を作っている場所でもあります。そのシーモルグが飛び立つたびに枝が伸び、舞い降りるたびに種が飛び散る…。この「本」は小さく折り畳む形になっているのですが、読み手がページを開いたり閉じたりすることによって、その繰り返される幸福な営みを「体感」できるようになっています。
この画像はとても残念なんですが、銀のインクで刷られた木はほんと、神々しい感じです。


e0091706_22375297.jpg
続いてはアミーンの手製本作品、『空を飛んだケイカーヴース王』。11世紀に著された民族叙事詩『シャーナーメ(王書)』からの物語です。鬼にそそのかされて空を飛びたくなったケイカーヴース王が、従者に空を飛ぶ方法を考えさせるのですが、その結果がこれ。腹をすかせたワシを玉座にくくりつけ、さらに上方には羊のもも肉を刺しまして、それを目掛けてワシが飛ぶようにした次第。もも肉に囲まれた王のドヤ顔がおもしろすぎますし、この場面以外も、鬼の集会場面などは吹きます。

e0091706_22393286.jpg
「目のある尻尾を持つライオン」

そして最後に、10枚あるアミーンの絵を紹介しました。主に鬼やライオンをモチーフにしている今回の絵は、『被造物の驚異と万物の珍奇』という博物誌の挿絵にインスピレーションを受けて創作されたものです。アミーンが参考にしたのは13世紀にガズヴィーニーという人が書き、19世紀にホイという人が絵を描いたバージョン。ちょっとこんがらがりそうですが、要はホイという人の絵に魅かれたってことですね。
どういう絵かというと…

e0091706_22370100.jpg
(Ajayebol Makhlughate Ghazvimi dar tasavirie chape sangie Aligholi Khoi, 2014年刊より)
こういう絵。名前の通り「驚異と珍奇」が満載なわけです。
アミーンはこの19世紀の石版画を見て、鬼やライオンのイメージの変化に興味を持ったようです。元来(それこそ紀元前のアケメネス朝くらいから)強いものの象徴としてイメージされ、そのように描かれてきたライオンや鬼が、ホイの絵ではどうもそういう意味は薄れて、ちょっとおもしろい存在になっている。そこがアミーンにとっての注目ポイントだったようです。
「意味のずれ」に興味を持ったアミーンは今回、鬼やライオンを、時や場所の概念が意味をなさなくなるような空間に配置することで、それを表現しようとしました。
地上でもなく天上でもない「雲の上」、「粗末な玉座」、「小さなお立ち台」「高貴な召使い」…。そしてなんだかみんな妙に楽しそうに、自由そうにしているのですが、よく見ると、糸で吊られた板に乗っていて、それは実は何かにコントロールされています。
想像と現実の狭間、いるといないの間くらいの半端なところにいるものたちを描き出したのが、今回のアミーンの作品です。
もう一枚ご紹介しましょうか。
e0091706_22403769.jpg
「鬼顔の王女」

王女だけれども鬼顔で、庶民の椅子に座っています。髪型がファンキー。
アミーンの絵も金や銀が効果的に使われていて、生で見る方が何倍も美しいです。

いやはやおもしろい絵を描いたなぁ、と思います。ユーモアもたっぷりでいくらでも深読みできます。ぜひぜひカロさんで10枚全部じっくりご覧ください。

というわけでトークの方はこんな感じで終了し、後半はユメのシルクスクリーンの実演です。
ナーズリーたちのシルクスクリーン工房の写真をお見せしたりしながら、てきばきとわかりやすい説明をするユメ氏。そしてさささっと手を動かして、あっという間にきりっとした美しい線の模様を紙に写し取りました。作業中の写真がなくて、す、すみません…
刷るのに力がいらない感じとか、それなのにくっきりとした線になるとか、見るだけでもわかっていただけたのではないかと思います。
そしておみあげになったのがこちらのかっこいいノート。
e0091706_22363917.jpg

世界に一つですからね。見るたびにナーズリーとアミーン展のことを思い出してください…

というカロさんでの1時間半でした。
もう一度言いますが、ご参加くださったみなさま、誠にありがとうございました!

展示は28日(土)まで続きます。
ぜひ作品を見にカロさんへお出かけください。
サラーム・サラームはおりませんが、カロさんが完璧に案内してくださいます!
[PR]
by salamx2 | 2017-10-14 00:11 | nazli_amin_1709 | Comments(0)

ナーズリーとアミーン展 in 大阪 開催中!

ご報告がだいぶ遅くなりましたが、大阪肥後橋Calo Bookshop & Cafeでの「ナーズリーとアミーン展」、無事始まっております!

e0091706_9381095.jpg
まず入り口を入るとこんなふうに見えます。すぐ右手が独立した展示スペースになっているのです。じっくり作品をご覧いただけますよ。

e0091706_9353648.jpg
ナーズリーとアミーン、ふたりの絵は全然違いますが、今回もユメの天性の構成力により、きちんと、しっくり落ち着きました。

e0091706_9372237.jpg
「玉座に寝転ぶ鬼の王」はDMで大活躍しましたので、特別に一枚で。

e0091706_9375418.jpg
そしてさらにカフェスペースの奥にもアミーンの作品が、ピラミッド的な、ありがたい感じで展示されています。こちらもお見逃しなく。

e0091706_9385224.jpg

そして、先日ブラティスラバ世界絵本原画展で金のりんご賞を受賞したナルゲスの絵本フェアも開催しているのです。

こんな感じで盛りだくさんなのですが、加えてカロさんには、カロセレクトの興味深い書籍もたくさん並んでいますので、多分、1日でもいられます。ぜひ時間に余裕を持ってお越しください。
ふたりの作品をじっくりご覧になり、絵本も見て、雑貨も吟味し、さらにカレーなどを食べてコーヒーなどを飲めば、それは間違いなく最高の1日。とにかくゆっくり過ごされることをお勧めします。

お近くの方もそうでない方も、大阪Calo Bookshop & cafeへGo!
(新大阪からも御堂筋線で淀屋橋まで一本です)
28日まで続きます〜。
[PR]
by salamx2 | 2017-10-11 10:44 | nazli_amin_1709 | Comments(0)

「二人の作品を深く知ろう」イベントの様子

イラン太陽暦では一年のうしろ半分がちょうど始まった昨日の秋分の日、神保町福果で開催中の「ナーズリーとアミーン展」の関連イベント「二人の作品を深く知ろう」が催されました。

e0091706_1154381.jpg

前半はアイコウによる作品についてのトーク…でしたが、母語である日本語で話したはずなのにたどたどしくてすみませんでした。二人の作品が、今イランと呼ばれている地域のながーい歴史の先っぽにあることを伝えたかったんですが、準備不足でありました…反省。

が、そんなトークの低調さを補って余りあったのが、シルクスクリーンのワークショップ。大変盛り上がりました。
ユメが準備したタイルの文様やペルシャ語の文字の版で手提げ袋に刷っていきます。
e0091706_11513489.jpg

e0091706_11512952.jpg

「刷る」というとわたしのイメージは、木版画のように、バレンなどを使ってごしごしとこすることなんですが、このシルクスクリーン(今は実際にはシルクは使わないからスクリーンプリントという言い方の方が正しいんだそうです)では、まさに「版の穴にインクを通過させる」という感じ。あまり力を入れすぎずにスキージー(インクを塗る道具)を1、2回上下に動かせばそれでOK。版を持ち上げるとくっきりと柄が現れているのです。インクが版面を通過して即座に布に染み込み、ムラなく定着するその感じに妙に感動しました。
しかも、きれいなシャープな線が出た時も嬉しいけれど、ちょっと滲んでもそれもよい感じなのです。「味がある」というよりももっと積極的によい感じ。シルクスクリーンで作品を作っているプロは、このような滲みの細かい細かい部分を狙ってやっているのでしょうね…(と遠い目)。でも狙っていても、最後の最後に「版」という自分のコントロールが及ばない一点を通過することで、また思いもよらない形が見えたりする。きっとそこに「版を使って絵を描く」おもしろさがあるんだろうな、と想像しました。ナーズリーとアミーンの作品にももう一歩近づけたような。

では、みなさんの作品を少しご紹介!
e0091706_11484388.jpg
「これなに?」だけのシンプルなバージョン。たくさん本が入りますよー。

e0091706_1150635.jpg
「これなに?」「星」。と、大変きれいにまとまっています。

e0091706_11494288.jpg
「元気?」と「星」と「愛」が混然一体となっています。妙に意味深なバッグに。

e0091706_1151929.jpg
文様に「元気?」
e0091706_11511936.jpg
うしろの「星」は少し滲んでいるのですが、それがステキ。今回アミーンが刺激を受けたという「ガージャール朝期の石版画風」といえましょう。

ということで、イベントは無事終了しました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
展覧会はまだまだ続きます!
[PR]
by salamx2 | 2017-09-24 12:22 | nazli_amin_1709 | Comments(0)

ナーズリーとアミーン展はじまりました!

神保町、さぼうるとなりのgallery福果さんで、「ナーズリーとアミーン展」無事始まりました。
会場の様子です!

e0091706_6143038.jpg

全体はこのようになりました。福果さんがご用意くださったキリムのおかげで部屋の中にいるような雰囲気。日が暮れてくるとますますそうなります。靴を脱ぐのがちょっとご面倒かもしれませんが、気持ち良いのでぜひあがってくださいね。

e0091706_614767.jpg

ナーズリーの手製本『マシュヤグとマシュヤーナグ』はこのような蛇腹本です。わたしは水辺の表現のところとかが好きだなぁ。

e0091706_6142136.jpg

一方のアミーンの手製本『空を飛んだケイカーヴース王』はこのような感じ。脱力系シャーナーメ(王書)。冒頭の鬼の集会の場面が好き。

e0091706_6135857.jpg

二人は今回の展示のためにポスターを作ってくれました。こちらも販売しています。作品よりお得なお値段ですよ!

e0091706_6141579.jpg

アミーンの絵はこのように並んでいます。イランに興味のある方なら「あれ?この構図は見たことがあるような…」という絵も。
いろいろ仕掛けがあるので、在廊しながら「こういう意味かな、ああいう意味かなと」想像して楽しんでいます。

福果さんやユメのおかげで今回もとてもすてきな空間になりました。
ぜひごゆっくりお楽しみください!

*アイコウは金曜日以外の14時以降と、最終日の15時(この日は17時までですのでご注意を!)ごろからおります。
[PR]
by salamx2 | 2017-09-21 06:47 | nazli_amin_1709 | Comments(0)

ナーズリーとアミーン展のイベントにつきまして、改めて

ナーズリーとアミーン展、作品が無事届きました!こちらがお願いした通りのスケジュールで制作を進めてくれて、きちんと予定通りに届きました。よかったよかった。
初日まであと二週間弱。サラーム・サラームは粛々と展示の準備をしております。

すでにお伝えしてある通り、今回の作品はシルクスクリーンという版画の技法で制作されています。シルクスクリーン、ってよく聞く言葉ですよね。世の中にはたくさん有名な作品がありますし、、、なんといいますか、わたしのイメージは、シャープな線と鮮やかな色。たくさん刷れる。そしてユメが昔から取り組んでいる技法。
わたしはシルクスクリーンという言葉を、ユメの作品を通して知りました。うん十年前のこと。それから幾度となくその仕組みについて聞き、その度にユメは丁寧に説明してくれて、その時はなんとなくわかった気になるのですが、「シルクの作品」と言われるものがあまりにいろんな表情を見せるので、やっぱりなんだかよくわからなくなってしまいます。そうやってもやもやし続けてここまできました。あはは。

で、今回とうとうシルクスクリーンの作品を展示することになりまして、「ああこりゃあ、ユメの出番だ!」と思ったわけです。もう一回ちゃんとシルクを教えてもらおう!と。
9月23日の福果さんでは参加者に実際に刷っていただき、10月4日のカロさんでは、ユメの実演を見ていただきます。これによって、「版」を通して絵ができあがることの意味を直に感じることができて、ナーズリーとアミーンの作品世界にもより近づけるのではないかと期待しています。

あ、トークの方ももちろん準備していますよ!ナーズリーの作品は、イスラームよりずっと以前から伝わる神話世界がテーマ。ペルシャ語っぽくない単語と格闘しております…。

というわけで、サラーム・サラームのふたりが気合を入れてお届けするイベントですので、ぜひふるってご参加ください!

*東京展イベント:二人の作品を深く知ろう!ギャラリートークとワークショップ
9月23日(土)14:00ー15:30
定員10名(info@salamx2.comまでお申し込みください)
*ご予約の数が定員に達しましたので、募集は締め切りました。ありがとうございました。今後はキャンセル待ちのみ承ります。
参加費:1000円
今回の作品のヒントになった神話などについての、ペルシャ語の朗読を交えたギャラリートークと、二人の制作技法である版画のシルクスクリーンを体験するイベントです。トークの後、ペルシャ文字や文様の版を一つ選んでいただき、手提げ袋にご自身で刷っていただきます。

*大阪展イベント:二人の作品を深く知ろう!トークと実演
10月4日(水)19:30~21:00
定員25名
参加費:1500円(1ドリンクとノート付)
今回の展示の作品のヒントになった神話などについてのトークと、ナーズリーとアミーンの制作技法でもある版画のシルクスクリーンの刷りを実際にご覧いただくイベントです。イベントに参加して作品への興味を広げてみませんか?
ご参加の方には、表紙にペルシャ文字やペルシャ模様をシルクで刷ったノートをプレゼントします。
またトークでは、二人と出会った今年5月のテヘランの様子も写真をお見せしながらお話しします。
※要予約 お申し込みはメールでinfo@calobookshop.comまで、イベント名とご予約の方全員のお名前と代表の方のお電話番号を添えてお申し込みください。折り返しご連絡します。

e0091706_23594876.jpg

(右から二番目がアミーン、その隣がナーズリー。テヘランブックフェアの駐車場から会場に向かうところ)
[PR]
by salamx2 | 2017-09-08 00:09 | nazli_amin_1709 | Comments(0)

ナーズリーとアミーン展 東京(福果) 大阪(Calo bookshop & cafe)

全国の版画ファンのみなさま、お待たせいたしました!

イランの人気イラストレーター、ナーズリー・タフヴィーリーとアミーン・ハサンザーデによるシルクスクリーン作品の展覧会を、東京と大阪、二つの会場で開催します。
サラーム・サラームは、二人の絵本作品を多く紹介してきましたが、絵の展示は初めてです。
東京展、大阪展、ともにサラーム・サラームが行うイベントもあります。
ご興味ある方はぜひご予約ください。

ナーズリーとアミーン展 〜手製本と絵〜
イランのイラストレーター、ナーズリー・タフヴィーリー(Nazli Tahvili)とアミーン・ハサンザーデ=シャリーフ(Amin Hassanzadeh Sharif)の作品展です。
イランに伝わる神話において最初のつがいとされる「マシュヤグとマシュヤーナグ」や、13世紀に著されたコスモグラフィ『被造物の驚異と万物の珍奇』などに着想を得て制作された手製本と絵を中心に、これまでに出版された絵本なども併せて展示・販売します。

<東京展>
2017年9月20日(水)〜30日(土)
終了しました。
12:00 - 19:00(最終日は17時まで)
*展示中無休ですが、23日(土)はイベント開催のため14時〜15時半は締め切り。
gallery福果
101-0051 東京都千代田区神田神保町1-11-2F
tel&fax:03-3259-6555
地下鉄三田線・新宿線・半蔵門線 神保町駅A7出口を出て左の小道「さぼうる」隣2F

東京展イベント:二人の作品を深く知ろう!ギャラリートークとワークショップ
9月23日(土)14:00ー15:30
終了しました。イベントの様子はこちら
定員10名(info@salamx2.comまでお申し込みください)
*ご予約の数が定員に達しましたので、募集は締め切りました。ありがとうございました。今後はキャンセル待ちのみ承ります。
参加費:1000円
今回の作品のヒントになった神話などについての、ペルシャ語の朗読を交えたギャラリートークと、二人の制作技法である版画のシルクスクリーンを体験するイベントです。トークの後、ペルシャ文字や文様の版を一つ選んでいただき、手提げ袋にご自身で刷っていただきます。サラーム・サラームの二人が担当します。

<大阪展> 開催中!
展示の様子はこちら
2017年10月4日(水)〜28日(土)*日、月休み
12:00-19:00(土曜日:〜18:00、最終日: 〜17:00)
Calo bookshop & cafe
大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル5F
06-6447-4777

大阪展イベント:二人の作品を深く知ろう!トークと実演
10月4日(水)19:30~21:00
終了しました。
定員25名
参加費:1500円(1ドリンクとノート付)
今回の展示の作品のヒントになった神話などについてのトークと、ナーズリーとアミーンの制作技法でもある版画のシルクスクリーンの刷りを実際にご覧いただくイベントです。イベントに参加して作品への興味を広げてみませんか?
ご参加の方には、表紙にペルシャ文字やペルシャ模様をシルクで刷ったノートをプレゼントします。
またトークでは、二人と出会った今年5月のテヘランの様子も写真をお見せしながらお話しします。
※要予約 お申し込みはメールでinfo@calobookshop.comまで、イベント名とご予約の方全員のお名前と代表の方のお電話番号を添えてお申し込みください。折り返しご連絡します。


e0091706_8481097.png

(左がナーズリー、右がアミーン)

今回の作品は全て新作です。刷りたてほやほや。しかも特別にポスターも作ってくれました!
どうぞご期待ください。
[PR]
by salamx2 | 2017-08-26 09:06 | nazli_amin_1709 | Comments(0)