salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

ナーズリーとアミーン展のイベントにつきまして、改めて

ナーズリーとアミーン展、作品が無事届きました!こちらがお願いした通りのスケジュールで制作を進めてくれて、きちんと予定通りに届きました。よかったよかった。
初日まであと二週間弱。サラーム・サラームは粛々と展示の準備をしております。

すでにお伝えしてある通り、今回の作品はシルクスクリーンという版画の技法で制作されています。シルクスクリーン、ってよく聞く言葉ですよね。世の中にはたくさん有名な作品がありますし、、、なんといいますか、わたしのイメージは、シャープな線と鮮やかな色。たくさん刷れる。そしてユメが昔から取り組んでいる技法。
わたしはシルクスクリーンという言葉を、ユメの作品を通して知りました。うん十年前のこと。それから幾度となくその仕組みについて聞き、その度にユメは丁寧に説明してくれて、その時はなんとなくわかった気になるのですが、「シルクの作品」と言われるものがあまりにいろんな表情を見せるので、やっぱりなんだかよくわからなくなってしまいます。そうやってもやもやし続けてここまできました。あはは。

で、今回とうとうシルクスクリーンの作品を展示することになりまして、「ああこりゃあ、ユメの出番だ!」と思ったわけです。もう一回ちゃんとシルクを教えてもらおう!と。
9月23日の福果さんでは参加者に実際に刷っていただき、10月4日のカロさんでは、ユメの実演を見ていただきます。これによって、「版」を通して絵ができあがることの意味を直に感じることができて、ナーズリーとアミーンの作品世界にもより近づけるのではないかと期待しています。

あ、トークの方ももちろん準備していますよ!ナーズリーの作品は、イスラームよりずっと以前から伝わる神話世界がテーマ。ペルシャ語っぽくない単語と格闘しております…。

というわけで、サラーム・サラームのふたりが気合を入れてお届けするイベントですので、ぜひふるってご参加ください!

*東京展イベント:二人の作品を深く知ろう!ギャラリートークとワークショップ
9月23日(土)14:00ー15:30
定員10名(info@salamx2.comまでお申し込みください)
*ご予約の数が定員に達しましたので、募集は締め切りました。ありがとうございました。今後はキャンセル待ちのみ承ります。
参加費:1000円
今回の作品のヒントになった神話などについての、ペルシャ語の朗読を交えたギャラリートークと、二人の制作技法である版画のシルクスクリーンを体験するイベントです。トークの後、ペルシャ文字や文様の版を一つ選んでいただき、手提げ袋にご自身で刷っていただきます。

*大阪展イベント:二人の作品を深く知ろう!トークと実演
10月4日(水)19:30~21:00
定員25名
参加費:1500円(1ドリンクとノート付)
今回の展示の作品のヒントになった神話などについてのトークと、ナーズリーとアミーンの制作技法でもある版画のシルクスクリーンの刷りを実際にご覧いただくイベントです。イベントに参加して作品への興味を広げてみませんか?
ご参加の方には、表紙にペルシャ文字やペルシャ模様をシルクで刷ったノートをプレゼントします。
またトークでは、二人と出会った今年5月のテヘランの様子も写真をお見せしながらお話しします。
※要予約 お申し込みはメールでinfo@calobookshop.comまで、イベント名とご予約の方全員のお名前と代表の方のお電話番号を添えてお申し込みください。折り返しご連絡します。

e0091706_23594876.jpg

(右から二番目がアミーン、その隣がナーズリー。テヘランブックフェアの駐車場から会場に向かうところ)
[PR]
by salamx2 | 2017-09-08 00:09 | nazli_amin_1709 | Comments(0)