salamx2の雑談

salamx2.exblog.jp
ブログトップ

銭湯とヤクルトと仙女が出てくる韓国の絵本

韓国人のハンサム・ガイと結婚した後輩の結婚披露パーティにでかけたところ、思いがけずすてきな韓国の絵本をもらいました。
タイトルは…聞いたんですけどもう忘れた…
とにかく韓国の銭湯が舞台の絵本です。
パンチパーマのお母さんにつれられて銭湯にやってきた女の子が、銭湯に住む仙女(最初は単に銭湯を仕切ってるおばちゃんなのかなと思ったのですが、これは仙女なんだと教えてもらいました)に水風呂の中でいろいろ教えてもらって、上がったらヤクルトを吸い、家に帰ったら大風邪をひいてしまうけれども、枕元の洗面器から仙女が現れて風邪を治してくれる、というお話…だと思います、だいたい。ハングルわからないので全く違うかもです。

絵は恐らく粘土で作った人形を風景に配置して写真にとったもの。それが最高に楽しいんです!
あぁ、どうしたらこの楽しさを伝えられるでしょう。ハングルが全然わからないのに、登場人物たちの気持ちが手に取るようにわかる!ような気がするのです。

韓国の銭湯の雰囲気が日本の銭湯と似ているせいもあるかもしれません。番台に座ってるおじいちゃんとか、脱衣所の風景の中にあるぼやけたテレビの野球中継とか、タイルの風景画とか…
ほんとにすっと楽しめました。ほんとはこの本をくれた今日の花嫁と花婿にいろいろ聞きたかったのですが、さすがに主役は忙しいですからね。あまり詳しい事は聞けずに持って帰ってきました。

ハングルがわからないので検索してリンクを貼ることもできないのが残念です。すみません。

e0091706_22102811.jpg


わたしの想像では…
左上:滝行(写真では見えませんが、雨みたいなのがふりそそいでます)
左下:「浮き輪ってらくちんだね!」
右:「まだ大丈夫だよ。あともう少しがんばって」(こんな深いお風呂は日本にはないですね)
[PR]
by salamx2 | 2013-10-19 22:21 | Comments(0)